昨日のご相談で、「注文住宅の契約の際に値引きさせたら、
手抜き工事や粗悪な建材を使われませんか?」

とのご質問をいただきました。

いくら値引きをしてもらっても、
安かろう、悪かろう、ではイヤですよね。

特に、注文住宅の場合は、すでに完成している建売住宅とは違い
これから建築しますし、素人の方には中身が分かりません。

作る側のサジ加減でいくらでも手抜きされるのでは?
という心配も、ごもっともです。


草野のこれまでの経験では、確信犯的に
手抜きをする悪徳会社はホントに一握り。

コストダウンのために図面と違った施工をするということは
レアケースですので、図面を見ればある程度の質は確認できます。

とは言っても、素人の方が図面の細かな仕様を見て
その良し悪しを判断するのも難しいもの。

ですので、一つの方法としては、
値引き交渉前にその住宅会社の標準仕様書を入手し、
「金額は下げてもらうけれど、仕様は下げないように」
と住宅会社に釘をさしておいても良いでしょう。

もしコストダウンに合わせて仕様もダウンしていたら、
仕様を上げさせることができます。


ただ、図面がちゃんとしていて、仕様もちゃんと確認していても
それだけではコストダウンのしわ寄せを防ぐことはできません。

コストダウンには、仕様を下げること以外に、
人件費を下げる方法もあるからです。

つまり、単価の低い職人・下請けを使うということです。


住宅の建築は、実際に作業をする職人の腕や意識にも左右されます。

腕の良い、優秀な職人ほど単価は上がり、
逆に単価の安い職人は、腕もそれなりだったりします。

手抜きとか欠陥ではなく、あくまで図面通り作業を行っても、
その出来にはバラつきが出るのです。

施主としては優秀な職人に作ってほしいのですが、
住宅会社からするとコスト的にムリ、ということも起こり得ます。

それを防ぐために、施主が職人を指定出来ればよいのですが、
そんなことは現実的に難しいでしょう。


となると、単価の低い職人でもしっかり施工してもらうためには、
施工中のチェック、すなわちホームインスペクションするのが有効。

単価の低い職人でも、ほとんどの場合、
指摘されたことはちゃんと手直ししてくれます。

インスペクションに費用はかかりますが、
確実に料金以上の安心感を得られます。


値引きに一生懸命で、
施工や品質に不安が残ってしまっては本末転倒。

そんなことのないように、費用をかけるところは
安心料と思って専門家を活用しても良いでしょう。

って、住宅相談センターの宣伝になっちゃいました?!


・・・それはともかく、最後にひとこと。

手抜き防止の対策はあるというものの、
やっぱりムリな値引きは禁物。

しっかりした住宅会社ほど、逃げてしまいますヨ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『新築住宅のホームインスペクションが重なっているのはなぜ?』
『建売・マンションが一番値引きされるのは?』
『住宅会社選び 遠慮せず数社に声をかけましょう』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック