昨日のご相談では、
建築家との家づくりのお話しが出ました。

建築家との家づくりにでは、建築家が図面を書き、
数社の工務店から見積を取り、
工務店を選定するという流れになります。

このように設計の専門家に設計を依頼することで
 ・デザインや間取りなど高い提案力
 ・敷地や予算などの合わせた柔軟性
 ・設計と施工の分離による品質チェック
などが期待できます。

ただ、逆に
 ・デザイン優先によるコストアップ
 ・手間や時間がかかる
などのデメリットも挙げられます。

建築家で家を建てるということは、
こだわれる分、手間ヒマやおカネがかかるということですね。

そこで、別の選択肢として、
建築家と連携した工務店で建てるという方法をお話ししました。


工務店の中には、外部の建築家と提携して
デザイン性に秀でた家づくりをしているところがあります。

この場合、工務店が元請けとしてコストや工程管理をしながら、
建築家の提案力を活かした家づくりが期待できます。

いわば建築家の“暴走”を抑えながら、デザイン(提案力)と
コスト・手間のいいとこどりをしていると言っても良いでしょう。


主導権が工務店にあるため、
施工のやりやすさなど、工務店の都合に左右されたり、
第三者としての施工監理もあまり期待はできません。

それでも建築家にいきなり声をかけるよりも敷居が低い点も含め、
手間や予算の点で建築家に設計監理を依頼するのに腰が引ける方には、
選択肢の一つとしてあっても良いでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家はランドローバー、ハウスメーカーはミニバン?!』
『設計と施工を受ける工務店 施工のみを受ける工務店』
『社員建築士と外部建築士 どちらに設計して欲しい?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック