先日、ある新聞社から取材を受けました。

内容は多岐にわたり、消費税増税にまつわる
スケジュールや税制優遇の話から、
ハウジングセンターの利用法なんてお話しも出ました。

その中で、土地探しに関するお話しも出ました。


家づくりは土地が無ければ始まりません。

でも、そもそもどうやって土地を探せばよいのか、
どこの不動産会社に行けばよいのか分からない
というご相談もいただきます。

特に、消費税の再増税まで1年半ほどと、時間も迫ってきます。

消費税8%のうちに家を建てようと思えば、
設計や施工の期間を考えると、出来れば来年年明けから
春くらいには土地を決めておきたいところ。

そうすれば、消費税増税前の駈込み需要が押し寄せる前に
家づくりを進めることが出来るでしょう。

そのためにどうすればよいのか?というお話しで、
住宅会社に土地を探してもらうという方法をご紹介しました。


住宅会社に土地を探してもらうメリットとして、
次の点が挙げられます。

1)不動産会社を探す手間が省け、窓口が一本化できる
 いきなり不動産会社に飛び込むのは不安だし面倒なもの。
 住宅会社を通せば、ある程度の情報整理もやってくれますし、
 住宅ローンの審査用資料もまとめて用意してくれます。

2)土地+建物のトータルで考えることができる
 予算や法規の面から、土地は買ったが希望の建物が建たない
 といったことが起こりにくくなります。

3)プロを通すことで、プロ向けの情報が入ってくる
 継続して取引が見込める住宅会社から話を持ち込むことで、
 不動産会社も本気で動いてくれることがありますし、
 大規模な土地などプロ向けの情報も入ってきやすくなります。


ただ、当然デメリットもあります。

1)土地を決めた後、複数の住宅会社を競合させられない
 住宅会社からすれば、自分が見つけた土地で他社に建てられたら
 何のために土地を探したか分かりません。
 基本的に土地を探してくれた住宅会社で建てることが前提です。

2)住宅会社の都合で、土地の候補が狭まる
 例えば建物の予算を確保して残った金額で土地を探したり、
 土地の大きさや接道など、自社で建築するのが厳しい土地が
 候補から外れてしまいます。


基本的に、住宅会社に土地を探してもらうというのは、
「ここで建てたい」という住宅会社が決まっている人向けです。

そうでない人にとっては、土地が見つかった後で
住宅会社とトラブルになる可能性もあります。

「土地が無い」と住宅会社に言えば、
営業の一環として「土地を探しますよ」と言ってきますが、
気軽に頼まず「その会社で建てる」決意があるかを考えましょう。


もし、住宅会社に土地探しを依頼するデメリットが気になるなら、
ご自身で探すことになります。

もし、不安があったりどうすればよいか分からない時は、
住宅相談センターにご相談いただければ、アドバイスします。

特に、いまは土地購入にまつわるおカネのご相談から
不動産会社のご紹介、物件の評価・アドバイス、
地盤データのご提供、売買契約書確認まで含め
土地探しのご相談を5万円で行っています。

お気軽にお問合せ下さいネ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不動産取引の“両手”と“片手”とは?』
『土地選び、最後の決め手はコレ!』
『土地探しを丸ごとアドバイス! 土地購入安心パック』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック