昨日は家づくり進行中のご相談者へ、
家計の収支予測(キャッシュフロー表)をご提出しました。

もともとご相談者がご自身でキャッシュフロー表を
作成していらっしゃったのですが、ホントに大丈夫?
とのことでご相談にいらっしゃったのでした。


まずは、あらかじめ作成しておいた
キャッシュフロー表をお渡ししてご説明し、
追加修正や別バージョンを作成します。

昨日は、家計を改善する方法をいくつかお話しし、
改善案ごとにどれくらいの効果があるかをシミュレーションしました。

すでに家づくりは進んでいるため、
いまから住宅取得予算をいじることはできませんが、
ある程度、家計の見通しを立てていただけたと思います。


キャッシュフロー表の修正は、対面でお話ししながら、
その場でパソコンで行っていきます。

パソコンの画面をご覧いただいたご相談者から
「すごいソフトですね~」
とのお言葉をいただきました。


それはそうです!

住宅相談センターが使用している
シミュレーションソフトはプロ仕様で、
その名も“FP名人”!

お値段は10万円以上するうえ、毎年税制などの改正に
合わせてバージョンアップもされます。
(つまり、毎年更新費用が必要)

ですので、税金・社会保険の計算はじめ、
給与の上昇幅から預貯金や投資運用の利回り、
さらに物価上昇率まで細かな設定が可能。

※FP名人の詳細については、コチラをご覧ください。


今後の家計の収支はじめ、
 ・家づくりの予算額
 ・自分に合った住宅ローン
 ・必要な保障(保険)額
 ・子どもの教育費
 ・老後資金

など、下記のように家計を詳細に分析することが出来ます。


▼▼キャッシュフロー表▼▼
CF表


▼▼ライフイベント表▼▼
ライフイベント表


▼▼収支の推移▼▼
収支推移


▼▼金融資産残高▼▼
金融資産残高


▼▼住宅ローン▼▼
住宅ローン


インターネットには、専門家でなくても
キャッシュフロー表を作成できるサイトもあります。

そういったものを試してみるのもよいでしょうが、
やはり餅は餅屋。

より正確に詳細にシミュレーションしますので、
一度プロのファイナンシャルプランナーにご相談すると、
プロの視点から家計の将来を見ることが出来ますよ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“安心・おトク・スムーズな家づくりのサポート”名刺裏面に業務案内』
『ライフプランが読めない時の住宅ローンの選び方』
『シミュレーションは怖い?! 客観的なキャッシュフロー表はどう作る?』



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック