腰痛持ちの草野。
以前、ぎっくり腰で寝込んだことがあります。

さすがにあの苦しみを繰り返したくはないので、
腰に負担をかけないようにするなど気をつけています。

以前はマッサージに通ってケアもしていましたが、
最近はコンサルティングが忙しく、
おカネもかかるのでなかなか行けません。

そこで、こんなクッション型のマッサージ機を購入して、
毎日家でパソコンをする際に“グリグリ”やっています。

▼▼クッション・マッサージャー▼▼
クッションマッサージャー


ただ、年齢も40半ばとなり、身体の疲れがとれにくくなってきました。

そこで、もう少しちゃんとしたマッサージ機が欲しいなぁ・・・
と家電屋さんをまわっていると、いいものがありました!

シート状のマッサージ器です。


これまでのマッサージ器というのは、
温泉にあるような大きなチェアに組み込まれており、
金額が数十万円と張るだけでなく、場所もとります。

が、マッサージ・シートは、シート状の本体の中に
マッサージ用の揉み玉などが仕込まれており、
ソファやイスに取り付けて使用するというもの。

手持ちのソファがマッサージチェアに早変わり、
という訳で、余計な場所を取りません。
しかも、費用は一万円台から。


安かろう、悪かろうではいけませんので、
家電屋さんで見かて試してみたら、なかなかいい!

草野が使っているクッション型のマッサージ器は、
マッサージする場所を変える時は自分で動かさないといけませんが、
マッサージ・シートなら腰から方まで自動で揉んでくれます。

草野家には、ちょうど10年以上前に無印良品で購入した
リラックス・チェアがあります。きっとこれならピッタリ。

草野は最近、資格試験の勉強もしていますので、
マッサージでリラックスしながら試験勉強もできそう。

これはもう買いでしょう!


ということで、購入に向けて検討してみると、
意外と同じような商品が数社から出ているのですね。

そこで、実際に家電屋さんなどで体験して、
金額やマッサージの具合を比較・検討。

その結果、値段は少し高めですが、揉み具合が良かった
ドリームファクトリー社の“ドクターエア”に決定!


お値段は、マッサージ・シートが29,800円、
マッサージ・ピローが9,000円。

ネット通販でもほとんど定価販売ですが、
それでも発売から1年半で三十万台を出荷したとのこと、
人気のほどが窺えます。

さっそくネット通販で購入し、草野家にやってきました。

▼▼箱▼▼
箱

さっそく取り出して、チェアに置きます。

▼▼セッティング▼▼
マッサージシート

重さは4.6kgなので、セッティングは楽。
片付ける時も、そんなに場所はとりません。


色はインテリアに合わせられるように5色あり、
鮮やかな“赤”にも惹かれました。

が、築50年の民家という点、
手持ちのクッション型マッサージ機とのバランスも考え、
サンドベージュ(茶)を選びました。


スイッチを押すと、揉み玉が光ります!
(マッサージをしていると見えませんけどネ)

▼▼光る揉み玉▼▼
(縮小版).jpg


さらに、別売のマッサージ・ピローも購入。
肩や腕、脚など、好きなところをマッサージできます。

▼▼マッサージ・ピロー▼▼
マッサージピロー


マッサージシートの上部に留め、
以前購入していた脚用マッサージ器もセットすれば、
全身マッサージ器の完成!

▼▼セッティング完了▼▼
セッティング


マッサージ・シートの操作は、こちらのコントローラーで。

タイマーで20分で切れるようになっているので、
うとうとしても大丈夫。

▼▼コントローラー▼▼
コントローラー


マッサージの仕方は、
 1)揉み 2)指圧 3)その二つの交互
の3種類。

部位は腰から肩までで、こちらも
 1)全体 2)部分 3)ポイント
の3種類指定できます。

全身を揉み・指圧・交互に行う自動モードもあります。

さらに、座面はバイブ機能で振動します。


無印良品のチェアとの相性もまあまあ。

意外と強力なのと、リラックスチェアなので
マッサージしながら試験勉強という感じではありませんが、
それでも十分なリフレッシュ効果はあります。

ということで、草野家の2階がリラックスルームに変身!
仕事から帰ってのリラックスタイムが日課になりそうです。

▼▼リラックスルーム▼▼
全景

   >>>ドクターエアのHPはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ポップでナチュラルな勉強部屋の壁時計』
『道具は使う人次第?! 50倍の超望遠デジカメの実力は・・・』
『クッションみたいなマッサージャー』



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック