昨日でシルバーウィークも終わり。
本日からお仕事という方も多いでしょう。

かくいう草野、本日はお休みをいただきました。

シルバーウィーク後半はずっと仕事でしたので、
その代休というワケ。

ちょうど子ども達も小学校の運動会の代休でしたので、
家族揃ってお出かけすることに!


行先は長久手市にある愛・地球博記念公園
通称モリコロパーク!

ちょうど“全国都市緑化あいちフェア”が開催中です。

が、お目当ては、合わせて開催中の“ジブリの大博覧会”
映画「となりのトトロ」に出てくる“サツキとメイの家”

▼▼ジブリの大博覧会のチラシ▼▼
チラシ


サツキとメイの家は予約制で、午後の入場。
そこで、まずは“思い出のマーニー×種田陽平展”を見ました。

各種資料の展示や模型、室内の再現など密度の濃い展示で、
もとの映画を見てない草野家一同でもそれなりに楽しめました。

出口ではジブリ・グッズの販売があり、
足止めを喰ってしまいました(商売上手!)。

さらに、“思い出のマーニー・・・”や“大博覧会”会場から
サツキとメイの家まではかなり距離があるため、
時間の関係で“ジブリの大博覧会”はパスとなりました。


さて、本日のメインイベント、サツキとメイの家!

あらかじめコンビニのローソンで取ったチケットを持って
受付場所に行くと、50人ほどが集合。

2グループに分かれ、30分の見学時間中、
建物の外と中とを15分ほどで入れ替わって見学します。

草野家は建物の外から拝見!


まずは、印象的な洋間正面のファサード。
映画から目の前に飛び出て来たようで、感激!

▼▼ファサード▼▼
洋間のファサード


パーゴラの脚の腐り具合も再現!

▼▼パーゴラの脚▼▼
パーゴラの脚

ちなみに、このサツキとメイの家は映画から1年後との設定で、
腐った脚にはお父さんが補強したのだとか。


洋間はお父さんの書斎。
机やら本やら資料やらが、映画同様所狭しと置かれています。

▼▼書斎▼▼
書斎

ステンドグラス入りの窓がノストラジックですね。

▼▼窓▼▼
窓


こちらは純和風の縁側。
ここだけ見ると、築50年の草野家のよう?!

▼▼縁側▼▼
縁側

中は8畳の部屋が二間続いています。
ここでサツキが勉強したり、夜寝たりします。

▼▼和室▼▼
和室


こちらは玄関。
正面の丸窓が印象的です。

▼▼玄関▼▼
玄関


奥の炊事場との間にあるのが、4畳半の茶の間。
ちゃぶ台が置いてあります。

▼▼茶の間▼▼
茶の間

茶の間の奥には、土間にカマドの炊事場。

▼▼炊事場▼▼
炊事場

炊事場の勝手口から裏庭に出ると、
そこには手押しポンプの井戸があります。

▼▼井戸▼▼
井戸


すごいのは、カマドや文机はじめ、
押入れや収納には昭和30年代の小モノが入っていて、
しかもそれを見学者が自由に手に取れるということ。

縁の下には茶碗やバケツまで! 芸が細かい!

▼▼縁の下▼▼
縁の下

建物の造りだけでなく、小モノに対するこだわりが、
スタジオ・ジブリの真骨頂と言えそうです。


二階は立ち入り禁止で上がれませんでしたが、
それでも30分ではすべては見きれません。

また、建物内では写真撮影は不可。
(ここで掲載している写真は、すべて外から撮影しています)

見れば見るほど味わいが出るサツキとメイの家。
もっとじっくり見学したいですね。

子どもから大人まで楽しめますので、
これはおススメです!!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『シルバーウィーク初日は運動会!』
『錯覚体験 ふしぎワールド! 行ってきました』
『愛犬連れてリトルワールド!』



テーマ:名古屋・愛知
ジャンル:地域情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック