この週末は、土地の購入からというご相談が三組重なりました。

土地探しにあたっては、
まずどのような土地を買うかを決めなければ始まりません。

特に、希望のエリアを絞り込まなければ、
情報収集の労力が莫大なものになりかねません。

また、エリアによって相場も違いますし、
物件の出具合も変わってくるので、
予算やスケジュールが変わってくる可能性もあります。

今回のご相談者の中にもエリアが決まっていない方がいましたので、
金額や広さ、立地などと同時に、早めに
希望のエリアを絞ることをお勧めしました。


ただ、エリアを絞れば絞るほど、土地が探しやすくなるかというと、
そうとも言えないのが、難しいところ。

エリアが絞られれば絞られるほど、
物件数が少なくなるからです。

特に人気のあるエリアだと、
数か月に1件しか物件が出てこないなんてことも。


特に、学区などにこだわる場合は、
数年越しでの土地探しになることも。

今回のご相談者の中にも、
消費税10%増税までに家を建てたいという方がいました。

すると、できれば来春までには土地の目処を建てておきたいところ。

どうしても時期を優先したいなら、
土地の出具合を見ながら、対象エリアを
広げるという判断も必要になります。


そういう点では、土地を探すエリアについても
“優先順位”を設定しておけば、
その時々の状況に柔軟に対応できるようになります。

土地探しは長期戦になることが多いですが、
備えあれば憂いなし。

住宅相談センターにご相談いただきますと、
そういったアドバイスもしますヨ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『中古住宅探しの前にやっておくべきこと ひと手間惜しむべからず』
『土地探しを丸ごとアドバイス! 土地購入安心パック』
『よい土地は業者に流れる?』




テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック