本日は、来週末に岡崎のハウジングセンターで開講する
セミナーのレジメを作成していました。


今回のテーマは『住宅会社が見える、
モデルハウスで聞くべき10の質問』


本邦初開講のテーマ!
ということで、新たにレジメを起こしているワケです。

とは言え、「モデルハウスで聞くべき質問」は
これまでのセミナーでも何度か触れています。

そういったネタを元に、10の質問に厳選・集約しました。


例えば、どんな質問か一つ挙げてみると
「家づくりには、いくらかかりますか?」

な~んだ、そんな質問、言われなくても聞いているよ!
と思ったあなた、早合点しないで下さいネ。

ポイントは、質問ではなく、
営業マンがどのような答え方をするかなのです。

というのも、「家づくりにはいくらかかるか?」
という質問の答えは、案外難しいのです。


“坪単価”を根拠に、

「4人家族で3LDKになるので、広さは40坪、
 坪単価は50万円なので、40坪×50万円で2000万円です」


なんて答えはバツ!

注文住宅というのは“注文”=“オーダーメイド”ですので、
建てるものによって金額も大きく変わります。
ご要望や条件を聞かなければ、坪単価の設定もできません。

上記の回答をするようなら、
その営業マンは注文住宅のことをよく分かっていないか、
その住宅会社の家は“注文住宅”といいつつ
間取りをいじれる程度の“セミ・オーダー”なのでしょう。


さらに、上記の回答には大きな穴があります。
それは、建物本体以外の費用が入っていないことです。

もし「2000万円で家が建てられる」と聞いて、
ちょうど予算が2000万円だったので、
その住宅会社に家づくりを頼んだら・・・

間違いなく予算オーバーします。それも数百万円単位で。


確かに、建物は2000万円で建つかもしれません。
が、それはあくまで建物だけ。

例えば、解体や造成、地盤改良、引き込み、外構など、
家に住めるようになるためには、
建物本体以外の付帯工事費用が別途かかるのです。

さらに工事以外にも、ローンや登記などの諸費用がかかり、
それらの総額は建物本体価格の3割に上ることも珍しくありません。

つまり2000万円で家に住めると思ったら、
2600万円になってしまう訳です。


これら付帯工事や諸費用の金額は、
土地(例えば解体の有無や地盤改良の有無等)や
建てる人(借入するか現金で建てるか等)によっても変わります。

そのため、家づくりにいくらかかるかは、
詳しく話を聞かなければ答えようが無いのです。

そういった説明を行ったうえで
建物本体だけの金額を言うなり、さらに詳しくヒアリングを行い、
付帯工事・諸費用も含めた概算金額を答える、というのが
先の質問に対する模範解答でしょう。


質問一つから、その住宅会社や営業マンの知識や経験、
誠意
などを読み取ることが出来ます。

来週のセミナーでは残り9つの質問と
その回答に対する見極めポイントはじめ、
モデルハウスで営業マンとやり取りする際のポイントをお話しします。

これから家づくりをお考えの方のご参加お待ちしています!



    『住宅会社が見える、モデルハウスで聞くべき10の質問』
          8月30日(日)に岡崎にて開講



  モデルハウスには見どころが多くて、何を見てよいか迷ってしま
  うことも。そんな時にはこの質問! 営業マンや住宅会社の本音
  が見えてきます。これから住宅会社選びをお考えの方、必見!

  ・日 時   8月30日(日)10:30~12:00
  ・場所・主催 岡崎中日ハウジングセンター
          岡崎市昭和町木舟25番地
  ・講 師   住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  ・その他  参加無料、予約制
  ・問合せ  住宅相談センター


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『良い不動産業者、住宅会社選びのセミナー開講しました』
『住宅会社選び その見積で比較できる?!』
『1日に回れるモデルハウスは何軒まで?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック