住宅相談センターが運営に参画している
中日ビル「家計の総合相談センターが発行する
「ライフプラン通信」

家計の総合相談センターの専門家たちが、
保険や家計、年金、住宅、税金、相続など、
家計に役立つ最新制度や知識を解説、年に4回発行しています。

その2015年夏号が完成しましたので、ご紹介します。

▼▼表紙▼▼
表紙


住宅については、不肖・草野の
『築年数の古い住宅購入で、住宅ローン減税を受ける方法』

▼▼住宅記事▼▼
住宅記事

「住宅ローンを組んで家を購入すると、一定の所得税・住民税が控除
 される(戻ってくる)住宅ローン減税。この住宅ローン減税には、
 国民の血税を投入するための大義名分としていろいろな条件があり、
 対象となる建物の「質」も求められます。特に中古住宅を購入する
 場合に気をつけなければいけないのが「築年数」で、構造によって
 下記の通り規定されています。国としては“築年数が古い住宅は減
 税に値しない”ということなのでしょう・・・」


そこで、築年数が古い中古住宅を購入しても
住宅ローン減税を受けるための方法をご紹介しています。


他にも、
 『賢い保険の選び方』
 『2016年4月よりジュニアNISAがスタート』
 『雇用保険の失業給付』
 『お亡くなりになった年の所得税の医療費控除と
               相続税の債務控除』
 『結婚・子育て資金の一括贈与非課税制度の創設』

といった専門記事や『季節のレシピ』も載っています。

▼▼専門記事▼▼
専門記事


詳しい記事は下記からご覧いただくか、
家計の総合相談センター店頭にてお渡しいたします。

   >>>ライフプラン通信はコチラからご覧下さい


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.116発行』
『ライフプラン通信 2015春号発行!』
『「今さら聞けない お金のギモンをスッキリなくす本」発売中!』



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック