新しいピアノの受け入れ準備である、
音楽室の床の補強&フローリング張り替え

元々あったクッションフロアを剥がし終えて
新しいフローリング材を張っていきます。


使うフローリング材は、静岡県産ヒノキの無垢材。
15mm厚の1枚板です。凸凹をはめ込んで張っていきます。

▼▼フローリング材▼▼
断面


サイズを合わせたら・・・

カンナかけ


裏面にボンドを塗り・・・

ボンド塗布


位置を合わせ・・・

設置


床面、並びに先に張ったフローリング材に密着させ・・・

はめ込み


釘を打ちます。

釘打ち



これを延々と続けていき・・・・・・







完成!

▼▼完成▼▼
完成1

完成2


単にフローリングを貼るだけではなく、
建具などの凹凸にうまく納めてもらったり・・・

出入り口


幅木も納めていただいたり・・・

幅木1

幅木2


高低差もキッチリ処理していただきました!
さすがの職人技です。

端部の納まり


ここまで丸二日間の作業となりました。


・・・と、完成したフローリング工事。

表面は自然素材の蜜蝋仕上げで、
見た目も肌触りもナチュラル。

部屋じゅうヒノキの香りが漂って、
やっぱり無垢のヒノキはいいですね!

子どもたちは、出来あがったばかりの
フローリングに寝そべっていました。


剛性も増して、心なしか音響も良くなったよう。
これで、新しいピアノが来ても大丈夫!

ピアノの購入と床の工事とでウン十万円でしたが、
大工さんの丁寧な仕事ぶりと相まって、カミさんも
「やってホントに良かった!」と大満足です。

おかげ様で新しいピアノを
気持ちよく受け入れることができます!

諸戸アイサン住拓の大工さんと監督さん。
二日間、暑い中ありがとうございました!


チェンバロを置いた音楽室


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ピアノ入れ替えに合わせて、床を補強&張り替えました!(前編)』
『こだわりのライフスタイルを実現する“リノベーション”』
『不惑を過ぎて、ピアノ・レッスン再び』



テーマ:リフォーム
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック