調子が悪くなってしまった、仕事用のノートパソコン

まだ購入して2年少々でしたが、思い切って
買い換えることにし、アレコレ物色していましたが、
このたび機種が決まり注文しました。

といっても、ここまで来るのにいろいろありました。


まず、どういう条件で選ぶのか?を考えなければいけません。

毎日仕事で使う相棒ですので、使い勝手、性能・機能、
デザイン、サイズや重さ、そして金額などなど。

良いものは高い!

予算に限りがある以上、要望のバランスをどう取るか、です。
ハッキリ言ってしまえば、予算内で納まるように何を妥協するか?!

家づくりと全く同じことですね。


いまのパソコンを選ぶときも熟考し、下記の条件で選びましたが、
意外と盲点もありました(赤字が感想)。

 ・セミナーレジメもラクに作成できる、大型ディスプレイ
   →15.6インチで、これは大正解。複数のウィンドウを
    開いても、あまりストレスを感じませんでした。


 ・光学ドライブ内臓
   →あれば便利ですが、使うのは年に数回程度。
    外付けで十分だったかも。


 ・モバイルでの使用も顧慮し、重過ぎないこと
   →普段の社内での移動ではあまり気になりませんが、
    重量2.3キロは外に持ち出すのは一苦労。


 ・キーボードはテンキー付
   →家計の収支予測(キャッシュフロー表)作成で
    数字入力するためですが、普段は外付けの
    フルキーボードを使用するため、重要度が下がりました。


 ・Windows7
   →インターフェースが大幅に変わったWindows8ではなく、
     見慣れたWindows7にして正解でした。


 ・予算は10万円以内
   →予算内には納まりお釣りもでましたが、
     しょっちゅう調子が悪くなってたら、仕事になりません!



いろいろ反省が出てきました。(って、反省だらけ?!)

“メインマシンとしてもモバイルとしても使える”
と欲張ったところ、モバイルとしての不満が出たのでした。

家づくりでは前回の反省を次に活かす場面は
なかなか無い訳ですが、パソコンは違います。

ということで反省を踏まえて出てきたのが、次の条件。

 ・屋外に持ち出すことを考慮し、重量を抑える
   →外部セミナーや出張相談も増えていますので、
    気軽に持ち運び出来るように。1.5キロ~1.9キロで。

 ・ディスプレイは14インチ
   →画面が大きいに越したことはありません。
    が、重量同様モバイル性を意識して、今よりひとまわり小さく。

 ・光学ドライブ不用
   →滅多に使わないDVDなどの光学ドライブは外付けにして、
    その分、小型・軽量で持ち運びしやすく。

 ・耐久性やアフター体制も要注意
   →トラブルが頻発した反省です。国産や法人用、
    サポートデスクが整っているなども評価要素に加えました。

 ・気になる予算は?!
   →これだけ条件を出したら、ソフトや周辺機器含めて
    10万円以下ではムリでしょう?!
    ということで予算は15万円以内


ここまで挙げたのが、優先度が高い項目。

ただ、人間というのはワガママなもの。
いろいろ調べて比較しているうちに、
他にもこんな要望が出てきちゃいました。

 ・デザインはシンプル(余計な装飾は不要)
 ・LANケーブルのポートや電源コードのジャックなどは筐体背面に
  (パソコン本体の左右が省スペースになる)
 ・キーボードはできるだけ変則でないように
  (今のパソコンはカーソルキーが若干変則)
 ・CPUはIntelのCore
 ・ストレージはハードディスクではなくSSD

・・・などなど。要望はエスカレートするばかり。

これで無事にパソコンを決めることが出来たのか?
続きは次回!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『またまたパソコンのトラブル?! アップデートできない!』
『ゲゲッ パソコンが要リカバリー?!』
『社内移動用のバッグ購入しました!』



テーマ:ノートパソコン
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック