昨日は二組のご相談がありました。

うちお一組は住宅ローンの借換えで、
ご予約無しの飛込みでのご相談。

“低金利”という言葉が気になっていたものの、
どこに相談に行ったら良いのか分からず、
ようやく意を決して住宅相談センターに相談にいらしたとのこと。


いま返済中の住宅ローンの条件をお聞きすると、
借入をされてからかなり期間がたっており、
現在の水準から見れば非常に高い金利となっています。

これなら、十分に借換えメリットがありそうです。
そこで、いろいろと詳しいお話しをお聞きしていったのですが・・・

借換えはかなり難しいという結論になりました。
意外とこういったことは少なくありません。


今回借換えが難しいと思われたのは“健康状態”。

医師の治療と投薬を受けているため、
住宅ローンの借入と同時に加入する
団体信用生命保険(団信)の審査が難しそうだったのです。

他にも別の方で、定年退職して借換えできるだけの
所得が無かったというケースもありました。


どちらにも共通するのは、

 ずっとコツコツ住宅ローンを返してきて、
 ふと気付いたら、金利が下がっていた・・・

 これは借り換えたらよいのでは?と思いつつ、
 特に不都合もないのでそのままできてしまった・・・

 ようやく重い腰を上げて動いてみたら、
 すでに機を逸していた・・・

ということ。

草野も、「そろそろ靴が痛んできたから買い換えなきゃ」
と思いつつ、「まだ履けるからいいか」と先延ばししていますので、
あまり人さまのことは言えません。

でも、靴なら”見た目が悪いな”程度で済みますが、
住宅ローン借換えの遅れはかなりの“損失”につながることも。


何ごとも“先手必勝”と言えますが、
特に住宅ローンについては、健康状態や所得金額によって
選択肢が大きく狭まってしまいます。

後で“しまった!”なんてことのないようにお気をつけを!
心配な方は、住宅相談センターにご相談下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『自営業だから住宅ローンは借りられない? なんてことはありません!』
『年の途中でフラット35から借り換えたら、団信特約料はどうなる?』
『住宅ローンの比較シミュレーションをバージョンアップしました』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック