本日は2組のご相談をお受けしましたが、
その中で地盤についてのお話しが出ました。

良さそうな土地が見つかったので、
契約に向けて検討中とのことですが、
地盤は大丈夫でしょうか?とのお話しです。


基本的に、地面の中のお話しですので、
掘ってみない限り、つまり地盤調査をしない限り、
その土地の地盤の状況は分かりません。

最近は家を建てる前には地盤調査を行うことは
当たり前になりましたので、
地盤調査結果があればそれで全てが分かります。

でも、現時点では地盤調査結果がある土地の方が少数派。


では、地盤が不安だから、契約前、もしくは引渡前に
地盤調査を行えるか? というと、まず難しいというのが答え。

土地の売買条件は、あくまで売主と買主の交渉です決まりますので、
買主が契約前(引渡前)の地盤調査を希望し、
売主がそれを了承すれば、地盤調査を行うのは可能です。

ただ、地盤調査を行った結果、値引き交渉の材料にされたり、
契約自体を辞められたりすれば、売主にとって良いことは一つもありません。

ですので、契約前や引渡前の地盤調査は
行えないと思っておいた方が良いでしょう。


では、地盤については“当たるも八卦、外れるも八卦”なのでしょうか?

さすがにそれは怖いという時は、
古い地図でその土地の来歴を調べたりすることで、
ある程度の推測は可能です。


でも、もう少し具体的なデータは無いの?という方もいるでしょう。

そんな方のために住宅相談センターでは、地盤の判断材料として
ご希望の土地の近隣の地盤調査結果をご提供しています。

これは、住宅相談センターが地盤調査会社と提携し、
その地盤調査会社が地盤調査を行ったデータを取寄せるというもの。

その土地ズバリの情報ではありませんが、
近隣3箇所程度のデータがあればある程度の傾向は掴め、
それをもとに地盤改良の要不要や予算もある程度分かります。


土地購入にあたり、地盤データが欲しいという方は、
住宅相談センターまでお問合せ下さい。

近隣3箇所のデータを8000円でご提供いたします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地購入前の現地確認、陽あたりばかり気にしてませんか?』
『地盤のセカンドオピニオン』
『よい土地は業者に流れる?』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック