本日は住宅ローンのご相談が3組ありました。

うち一組は、住宅ローンにプラスして、
保険相談センターの相談員と一緒に、
生命保険の見直しのご相談をお受けしました。

お子様も生まれ、まもなく住宅も完成するということで、
この機会に家計や保険を見直そうというワケです


通常、住宅ローンを組んで家を取得すれば、
自動的に団体信用生命保険(団信)に入ることになるので、
それまでよりも死亡保障が手厚くなります。

逆に、お子さまが生まれることで、
将来に向けて必要となる保障額も上がる可能性があります。

そのバランスが取れていれば問題ないのですが、
保障が足りなければイザという時に困りますし、
逆に保障が多すぎればムダな保険料を払うことになります。

将来どれだけの保障が必要かは
収入や支出、貯蓄などによって変わります。

そこで、家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
必要な保障の推移を検証した上で、生命保険の検討をしたという次第です。


今回のように、お子さまの誕生を機に
住宅を取得するという方は、少なく無いと思います。

そんな時は、ぜひ家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
生命保険の見直しも行うことを強くお勧めします。

ムダな保険料が削減できて、家計が劇的に改善することもありますヨ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家計の改善は現状把握から』
『八大疾病保障が無料?! 住信SBIネット銀行の住宅ローンはおトク?』
『生命保険も住宅ローンも各社各様・・・ 専門家に相談して選びたい』



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック