昨日のご相談で、ご夫婦で住宅ローンを借りる
というお話しが出ました。

夫婦ともに収入があれば、
夫婦で住宅ローンを借りることもできます。

二人で住宅ローンを借りることで、
より多くの金額を借りることが出来たり、
より多くの住宅ローン控除を受けられたりといった
メリットが出る可能性があります。


ただ、単に“二人で住宅ローンを組む”と言っても
借り方はいくつかのパターンがあります。

借り方によっては、扱っていない銀行があったり、
夫婦二人で借りるメリットが出ないこともあるので、注意が必要です。

そこで、夫婦二人で借りる場合のパターンをご紹介します。


まず一つ目。

厳密にいうと夫婦二人で借りる訳ではありませんが、
一人が住宅ローンを借り、一人が連帯保証人になるというケース。

よくあるのはご主人一人の収入では希望金額の借入が難しいため、
奥様の収入も合算して借りるというもの。

ローンの契約は一本となるので、
手数料や登記などの諸費用が一本分で済みます。

ただ、団体信用生命保険に加入するのも一人、
住宅ローン控除を受けられるのも一人だけとなる点にご注意下さい。


二つ目が、夫婦で一本の住宅ローンを借りるケース。
“連帯債務”と呼びます。

二人で一本の住宅ローンを借りるので、
手数料や登記などの諸費用が一本分で済みます。

また、二人で借りるので、住宅ローン控除も
夫婦それぞれが受けられます。

ただ、取り扱っている銀行が少ないため、
銀行選びが難しくなる可能性があります。

また、二人で借りても、団信はどちらか一人しか
入れないケースが多いため、必要に応じて
民間の生命保険への加入を検討した方が良いでしょう。


三つ目が、夫婦が別々に住宅ローンを借りるケース。

それぞれで住宅ローンが完結しているため、
借りる額も団信の額も同じと分かりやすく、
当然、住宅ローン控除も夫婦それぞれが受けられます。

ただ、二本に住宅ローンが分かれているため、
手数料や登記などの諸費用も二本分かかってしまいます。


これら三つの借り方は、それぞれメリット・デメリットがあるので、
 ・借入額(返済負担率)
 ・団体信用生命保険の必要性
 ・住宅ローン控除の額
 ・諸費用の額

などをトータルに比較し、自分達に合った方法を選んで下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『離婚したら住宅ローンはどうなる?!』
『イマドキの家計は夫婦共働きでないとダメ?』
『夫婦で住宅ローンを借りると借換えが難しい?!』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック