一昨日に続けて昨日も、ファイナンシャルプランナー
向けの勉強会に参加しました。

この日の講師は弁護士の森田祥玄先生
テーマは、ナント「離婚」


普段、住宅取得など前向きなご相談を
お受けする方が圧倒的に多い草野。

でも、離婚も人生における重大なライフイベント。

住宅・不動産においても、やはり離婚した場合の影響は
少なからずありますので、昨日もしっかり話しを聞きました。


住宅・不動産関係において
離婚で困ることの筆頭は“住宅ローン”

特に、住宅ローンを夫婦二人の連帯債務で借りていたり、
配偶者が所得合算をして連帯保証で借りているケース。

それまでは夫婦二人で借り、返済していましたが、
離婚して住まいも別々になる以上、
二人で住宅ローンを返済する義理はありません?!


・・・ということで、離婚を機に
連帯債務や連帯保証から一人抜けようとしても、
実は簡単なことではないのです。

と言うより、どうにもならなくて住宅ローンに
手を付けられない、というケースも珍しくありません。

銀行が首を縦に振らないからです。


なんで離婚するのに銀行はウンと言ってくれないの?
と思うかもしれませんが、お金を貸す立場になれば至極当然なこと。

連帯保証や連帯債務でおカネを貸しているということは、
万一、主債務者の返済が滞っても
連帯債務者や連帯保証人が代わりにローンを返済してくれます。

銀行としては、よほどの所得があって単独名義でも
問題ないと思われる場合を除き、万一のときの“保険”として
連帯債務者や連帯保証人を外したくないのです。

どうしても連帯債務や連帯保証を外して欲しければ、
代わりの人を探してこなければいけません・・・
って、簡単なことでは無いですよね?!


では、単独名義に変えられない場合はどうするか?

一番確実なのは、手元の資金で住宅ローンを繰上完済することですが、
ただでさえ離婚で物入りのところ、そんな余裕の無いケースも多いでしょう

その場合、他行に単独債務での借換する方法もありますが、
年収や担保評価いかんでは難しいため、
自宅を売却して住宅ローンを完済することになります。

が、借入額が多くて売却額がローン残高に達しなかった場合、
売るに売れず = 連帯債務や連帯保障が解消されない、
すなわち、離婚後も“元”夫婦二人で返済するハメになるのです。

離婚して生活の荒れた元配偶者が住宅ローンを延滞、
自分は住んでもいないのに住宅ローンの取立てにあう・・・

せっかく離婚しても住宅ローンのせいで縁が切れないなんて
想像したくもないですが、ネット上でも時々見かけるお話しです。


離婚に際しては、ここで挙げた
住宅ローン以外にもいろいろな問題が起こります。

弁護士は離婚が自分の食い扶持になるにも関わらず、
森田先生も「離婚していいことは一つもない」と言います。

銀行はお金を貸すとき、収入や不動産の担保評価は審査しますが、
“夫婦仲”までは審査してくれませんし、
夫婦仲がよくなるように取り持ってもくれません。

二人で住宅ローンを組んで家を買うのなら夫婦仲に気をつけ、
一心同体、一緒に住宅ローンを返していく気持ちを忘れないで下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンは、夫婦のかすがい?!』
『新婚だからこそ! ライフプランとキャッシュフロー表のご検討を!』
『連帯債務で住宅ローンを組む時は団信に注意!』


テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック