先週土曜日、中日新聞住宅相談センターの代表
吉田貴彦の記事が顔写真付で掲載されました。

それがコチラ、3月14日(土)付の朝刊。
一面丸々使って掲載されています。


「住む人が主役の家づくり。理想の暮らしをかたちに」
と題し、先月に住宅金融支援機構さん主催のセミナー
「自分に合った住宅ローンの選び方」で
お話しした内容が紹介されています。

『借入額や返済額、変動金利か固定金利が良いのかは、
 家計ごとに異なり、ローン額が収入の何%という数字
 は一律ではありません』

『不安になるだけでなく、お金を見える形にしておけば、
 安心して住宅ローンを組むことが出来ます』

『かつてない低金利でマイホームは買い時と言えますが、
 金利だけに惑わされず、収支や家族の成長などのタイ
 ミングを見極めることも大切です』


ナルホド、もっともなことばかりです。


ほかにインテリアコーディネーターの
松本佳津さんの記事も載っていますよ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「今さら聞けない お金のギモンをスッキリなくす本」発売中!』
『“家づくり資金”の記事を執筆 雑誌「すまいの手引」絶賛発売中!』
『中部経済新聞に住宅相談センターの店舗開設が紹介されました』



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック