今年の春に長女の小学校入学を控えている草野家に、
昨日、長女用の勉強机が届きました!

子ども二人ともとうとう小学生か・・・と感慨深いワケですが、
その前に一考を要するのが、どこに勉強机を置くのかということ。


長男もまだ小学2年生。

夜も家族仲良く川の字になって寝ていますから、
子ども部屋を与えるのはまだ先。
長男用の勉強机は居間に置いています。

長女の勉強机も居間に置こうかと思ったものの、
勉強机2つはレイアウト的に上手く納まりません。

しかも、テレビが置いてあったり、
シーズー犬のふうちゃんの寝場所でもあり、
勉強する環境としては“???”。

そこで勉強机を別室に移し、専用の勉強部屋を設けることに。


有力な候補は、将来子ども部屋にする予定の2階の空き部屋。

ただ、まだ小学校1年生と3年生ですから、
1階~2階の階段の行き来も少々不安ですし、
親の目の届くところで勉強させたい・・・

ということで白羽の矢が立ったのは、
パソコンやタンス、本棚などが置いてある“何でも部屋”。

▼▼模様替え前▼▼
模様替え前


1階の台所脇にあるので、
何かあればすぐに様子が分かるのが最大のメリット。

隣が寝室として使っている和室なので、
動線的にも言うことなし。

もともとあるパソコン・コーナーもそのまま残せば、
家族の“スタディ・ルーム”になります!

ということで、年末年始のお休みを使って
ごった煮状態の部屋を片付け模様替えし、
長女の勉強机の受け入れ態勢を整えたのでした!


それが、予想通りなかなかの出来!
ということで、写真でご覧にいれます。

まずコチラが、昨日届いた長女の勉強机。

▼▼長女の勉強机▼▼
勉強机

長男の時と同じく、稲沢市のファニチャードームさんで購入した
同社オリジナル商品の“SHIZUKU(シズク)”です。

大人になっても使えそうなシンプルなデザインで、
デスクの天板や引出しの前板は、無垢のアルダー材。

長男は渋いウォールナット色でしたが、
長女は明るいナチュラル色をチョイス。

ワゴン(引出し)、イス、電気スタンドの3点セット付きです。


長男の時は本棚も揃えましたが、スペースの関係もあり、
合わせて購入したのはランドセル・ラック。

▼▼ランドセル・ラック▼▼
ランドセルラック

勉強机から台所への出入り口を挟んで奥側が、
カバンやコート類を置くスペースとなっています。

▼▼カバン・コート置き場▼▼
勉強机とラック

ちなみに、ランドセル・ラックの左に並ぶハンガー・ラックは、
元ベビーベッド。以前もご紹介しましたが、分解して組み直すことで、
ハンガーラックと棚として再利用できるようになっています。


長男の机とは、こんな感じに背を向ける形でシンメトリーに配置。

▼▼2つの勉強机▼▼
勉強部屋2

この右手前がパソコン・コーナーです。

▼▼パソコン・コーナー▼▼
パソコンコーナー

昨日も、草野パパがパソコンをいじる横で、
長男が宿題をしていました。

家族がそれぞれの居場所で各々のやりたいことをやりつつ、
一つの部屋で過ごす。緩やかに家族がつながる空間です!


このスタディ・ルーム。

もともと、4畳半と狭い上に北寄りに位置して日当たりも悪く、
さらに他の部屋への通路にもなっています。

通常では使い道に困る部屋なのですが、
それが逆に家族のコミュニケーションが取りやすく、
落ち着いて勉強に最適な空間になった!と自画自賛の草野。

コンパクトなので冬場の暖房の効きも良く、
夏場には北の窓を開けることで涼しい風が入ってくるだろうと皮算用。

長女も気に入ってくれたみたいで、
さっそく勉強机に自分のものを片づけていました。

▼▼お片付け中▼▼
お片付け中


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『見た目以上に大事なことは・・・ 音楽室用スツール新調』
『将来を見越して間取りを考える 書斎の場合』
『家族の成長に合った子ども部屋の考え方』



テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック