昨日は住宅ローン選びのご相談で、
“ガン団信”についてのお話しが出ました。


団信というのは、“団体信用生命保険”の略。

住宅ローンの借主が亡くなったり寝たきりになった場合などに、
住宅ローンの返済で困らないよう、
ローンを完済するための保険金が支払われるというもの。

ガン団信というのはガン特約の付いた団信で、
通常の団信の対象が死亡や高度障害のときだけなのに対し、
ガンと診断された際にも対象になるというもの。

ほかに、“三大疾病付き団信”なら、ガン以外に心筋梗塞、
脳卒中等が対象になり、“八大疾病付き団信”なら、
三大疾病に加え高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎が対象


これらの特約付き団信は、保障が手厚くなる分、保険料もかかります。

民間金融機関の住宅ローンであれば、
一般的にローンの金利に0.1%~0.3%程度上乗せされ、
フラット35の機構団信であれば特約料が割増となります。

もし、民間金融機関の住宅ローンで0.3%の金利が上乗せされた場合、
2000万円を通常2.0%+0.3%の金利で35年、元利均等で返済すると
上乗せ分の利息の合計は110万円近くと、結構な負担になります。


この負担を見ると躊躇するかもしれませんが、
特約付き団信のうち“ガン団信”については
中には“無料サービス”という金融機関もあるのです。

0.1%程度の金利分が上乗せ無しなら、
その差額は下記のように数十万円になります。
(2000万円を金利2.0%で35年、元利均等返済の場合)

 ・ガン団信上乗せ(金利2.1%) 利息合計697万円
 ・ガン団信込み(金利2.0%)  利息合計661万円
     差 額              36万円

もし金利や手数料などの水準が同程度であれば、
ガン団信というオマケが無料付いてくる分、おトクというワケです。


ただ、このガン団信の無料サービスを扱っているのは
ごく一部の銀行に限られます。

さらに、ガン団信に加入できる年齢が、
40歳までとか45歳までといった制限があります。

とは言え、特に名古屋地区のように住宅ローンの競争が激しい地域では、
ガン団信の無料サービスを扱っていない銀行でも、
交渉次第で無料でガン団信をつけるという方法も無くはありません。

親族がガンで亡くなっているという方は、
ガン団信を無料でつけてくれる金融機関を調べるか、
ガン団信を無料でつけてくれるよう交渉しても損は無いでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『意外と大きな出費 住宅ローンの保証料』
『生命保険も住宅ローンも各社各様・・・ 専門家に相談して選びたい』
『団体信用生命保険にもいろいろある』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック