昨日のご相談で、新築にあたって
固定電話はどうすれば良いのかのお話しが出ました。


かつては電電公社一択で、
電話をどうすれば良いかの余地などありませんでした。

でも、いまではさまざまな選択肢があります。

例えば、インターネットの光回線や
ケーブルテレビでも電話が使えるようになっているほか、
携帯電話があるので固定電話を入れないという選択肢まであります。


逆に、いまの時代、電話を単体で選ぶのではなく、
インターネットやテレビ、携帯電話と組み合わせて選ぶことで、
料金が大幅に安くなるようになりました。

固定電話だけでなくインターネットや携帯電話など、
昔に比べて負担が増えた通信費を削減することで、
家計が改善する余地が少なくありません。

特に、引越しをして電話番号が変わる際には、
通信関係を見直すよい機会と言えます。


例えば、草野の自宅のある津島市のケーブルテレビ局では、
携帯電話のauと提携して
 ・テレビ(ケーブル)
 ・インターネット
 ・固定電話(ケーブルプラス電話)
 ・携帯電話(au)
の基本料金が割引され、au宛の通話が24時間無料となります。

家づくりを機会に、テレビ・電話・ケータイ・ネットなどの通信費を
まとめて見直しすることをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『意外と多い調理家電! キッチンのコンセントはよく考えて』
『生命保険を見直すと、家づくりの予算が増える?!』
『原発再稼動問題で揺れる中・・・ 悩ましい暖房機器の選択』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック