マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誰でも出来る、住宅ローンを少しでも有利に借りる方法

昨日は、平日ですが2組のご相談がありました。

2組とも家づくりの資金相談ですが、その中で
誰でも出来る“住宅ローンを少しでも有利に借りる方法”
お話ししましたので、ブログでもご紹介します。


住宅ローンを借りるなら、誰しも金利が低いなど、
より有利でおトクな条件で借りたいと思うもの。

年収が高いとか職業が公務員や医師など
属性が良かったり、自己資金を20%以上持っていたりすれば、
金利引下げなどの交渉もやりやすくなります。

だからといって、今さら転職するワケにもいきませんし、
他に銀行と交渉する材料が無かった場合、どうすればよいのか?


そんな時(そうでない時も)は、
ローンの申込書類をキッチリ用意するようにしてみて下さい。

申込書は丁寧に記載・押印したり、必要な資料は一式揃え、
ファイルに入れておくようにします。

通常、仮審査では求められないような資料まで、
言われる前に用意しておくのです。

そうすると、銀行の担当者から見たあなたの印象がグッと良くなり、
“この人のために何とかしてあげよう”という気持ちが湧くのです。


逆に、汚い字で不備だらけの書類だと、
記載内容の確認するだけで手間がかかりますし、
ひと目見ただけでやる気が削がれます。

銀行員も人間。

味方につけることで、銀行内や保証会社とのやりとりの際に、
あなたにとって有利になるように熱心に動いてくれることでしょう。


これは、書類だけでなく、担当者に対する接し方などでも同様。

「こっちは客だ」といった横柄な態度だと、
悪印象を持たれて、面倒な稟議など上げたく無くなります。

より有利な借入れをするためには、
こんなちょっとしたことにも気を配るようにして下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりで予算オーバーしないための“背水の陣”?!』
『ネット銀行は融通が利かない?!』
『土地探しは、不動産屋さんとの信頼関係を築くことから』


|  |-住宅ローン選び | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2360-84545b06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT