本日は家づくりの資金計画のご相談で、
家計の収支シミュレーション(キャッシュフロー表)
ご提案しました。

キャッシュフロー表はあくまで現時点での予測ですので、
いろいろな可能性が考えられます。
そのため、今回も設定を変えて数パターン作成しました。


今回もそうですが、よくあるのがご主人の退職年齢

60歳になったらリタイアし、
あとは年金でゆったり老後を過ごす・・・なんてのは遥か昔の話。

60歳で退職したら年金の出る65歳まで無収入、
その年金も支給開始年齢を遅らせる話しも出ている時代です。

60歳までにしっかり老後資金を貯めておければ問題ありませんが、
給与も上がらず、アテにしていた退職金も少なくなれば、
60歳からの5年間を働くか働かないかで家計の収支が大きく変わります。


実際に計算してみるとよく分かりますが、
月収20万円なら年間240万円、5年間で1200万円。
月収15万円なら年間180万円、5年間で900万円となります。

1000万円と言えば、お子さま一人当たりの
大学までの教育資金に匹敵する大金。

これだけあれば家計はかなりラクになり、この5年間働くことで、
老後の家計が赤字から黒字に転換することも少なくありません。


では、65歳まで働き続けることができるのか?
という話しが出るでしょうが、ご心配はいりません。

身体の具合が悪くなって働けなくなることはあり得るでしょうが、
健康かつ働く意思を持っていれば、働ける環境が整いつつあります。

高年齢者雇用安定法で、定年の引き上げや廃止、
継続雇用制度の導入などが企業に義務付けられているのです。

実際、昨日厚生労働省が発表した高齢者の雇用状況調査でも、
希望者全員が65歳まで働ける企業の割合は、
前年から4.5ポイント上昇の71%にまでなっています。


家計の三大資金の一つである老後資金を確保するためには、
何歳で退職するかは大きな判断の分かれ目。

「60歳になったら悠々自適の暮らしをするゾ!」
とお考えなら、それまでにしっかりおカネを貯めてください。

それが難しければ、「リタイアするのは65歳からにするか・・・」
と考え直した方がよいかも知れませんね。

実際に、何歳まで、どれくらい働けばよいのか気になる方は、
一度キャッシュフロー表を作ってみることをお勧めします。
ご希望の方は住宅相談センターまでお知らせください。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『生命保険を見直すと、家づくりの予算が増える?!』
『キャッシュフロー表で“人生の仕分け”を』
『年配の方の家づくり予算はココに注意』


テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック