マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外と多い調理家電! キッチンのコンセントはよく考えて

昨日は、間取りのご相談の中で
電気関係のお話しが出ました。


照明やスイッチ、コンセントというのは、
その位置や数などによって、
暮らし勝手が大きく変わってきます。

毎日の生活の中で、
「ここで照明を消せたら・・・」
「ここにコンセントがあったらよかった・・・」

などというのは、大きなストレスになることも。

そこで、「外から帰ってきた時に欲しい
照明スイッチの位置は?」等、出来るだけ間取りの中で
さまざまな生活パターンを想定する必要があります。


昨日出たお話しの中で言うと、例えばキッチンのコンセント。

毎日の調理に影響するので、
必要な数のコンセントを確保しておきたいところ。

でも、キッチンには思いのほか多くの調理家電があります。


まず、どの家庭にもあるのが、
 ・冷蔵庫
 ・炊飯器
 ・電子レンジ
 ・オーブントースター
 ・ポット

や、キッチンに内蔵する
 ・IHクッキングヒーター
 ・食洗器
 ・浄水器

で、ここにホットプレートを加えるのが
オーソドックスなところ。

炊飯器のように日常的に使うものは、
置き場所兼使用場所を決め、それに合わせて
専用のコンセントを用意しておきたいところ。

ホットプレートのような、たまに使うものについては
保管場所と使用場所及び、使用時のコンセントの位置を考えましょう。

まぁ、ここまでは住宅会社側も、何も言わなくても
置き場所やコンセントを配慮してくれるハズです。


ただ、料理の仕方や調理道具というのは、
かなり家庭によって差があります。

 ・ミキサー(ジューサー)
 ・フードプロセッサー
 ・コーヒーメーカー
 ・ホームベーカリー

などをお使いの家庭も少なくないでしょうし、
お料理好きなご家庭でしたら、
 ・ヨーグルトメーカー
 ・ヌードルメーカー

などをお持ちの方もいるかもしれません。

また、草野家では
 ・生ゴミ処理機
を使っていますし、昨日のご相談者の場合は
 ・精米機
をお使いとのこと。


さらに、調理家電も日進月歩。

技術革新や新しい料理が出ると、それに合わせて
どんどん新しい調理家電が出てくるので、
将来、数が増えることも考えられます。

ここ数年を遡ってみても、
 ・ウォーターオーブン
 ・ノンフライヤー
 ・ヨナナスメーカー
 ・お茶プレッソ
 ・GOPAN

などなど、話題の調理家電が登場してきました。

ですので、いま使っている調理家電が収まれば充分なのではなく、
将来に備えて多少の余裕を持っておいた方が良いでしょう。


ここまで来ると住宅会社にっては想定外で、
家が完成してから「この調理家電、どこに置けばよいの?」
なんてことになってしまうことも。

間取りの打合せ時には、調理家電や調理器具についても
よく住宅会社に伝えておくようにしましょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『気になるコンセントの見せ方』
『玄関まわりの考え方』
『防災グッズや備蓄食料の保管場所も計画しておきましょう』



|  |-間取りとデザイン | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2318-df656ba0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT