マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最新鋭! ホームインスペクション用測定機器導入

本日は快晴のお天気のもと、建築中の検査、
ホームインスペクションにお伺いしてきました。

9月も中旬となるとすっかり秋らしくなり、
現場に行っても気持ちがいいですね!


ホームインスペクションは、
基本的に“目視”で検査を行います。

破壊を伴うような検査は手間も費用もかかるため、
インスペクションを行った結果、問題があった場合に行う
“二次診断”で行うことになります。

ただ、“目視”による検査だからと言って、
目で見るだけではなく、各種測定機器も使用します。


機器と言っても、メジャーのような当たり前のものから、
高価な電子機器まで、さまざま。

そして、このほど住宅相談センターでは、
ホームインスペクション用の機器を新調しました!

中には数十万円もする機器もありますので、
ここで自慢ご紹介しちゃいます!


コチラは、レーザー光線を使ったレベル測定器

▼▼レーザー・レベル測定器▼▼
レベルレーザー

床や壁の傾きをミリ単位で計測する機器で、
奥が本体、手前が受光器です。


コチラは、電磁誘導でコンクリート内の
鉄筋などを確認するウォールスキャナー

戸建て住宅の基礎やマンションの壁などで使用します。

▼▼ウォールスキャナー▼▼
ウォールスキャナー


そしてコチラが、赤外線を使ったサーモグラフィカメラ

肉眼では分からない温度変化を画像化し、
断熱材の隙間や壁の中の筋かい、雨漏れの場所などが分かります。

▼▼サーモグラフィカメラ▼▼
赤外線カメラ


これらの最新機器を使って
ホームインスペクションを行っています!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『台風時のホームインスペクション』
『住宅診断の強力ツール 赤外線カメラ!』
『木造か鉄骨造かでインスペクション料金は変わる?』


|  |-インスペクション事例 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2303-a9ffda12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT