昨日のご相談の中で、どれくらいの頻度で
施工中の現場に顔を出すと良いのでしょう?
とのご質問がありました。


顔を出す頻度には、正解はありません。

以前は、施主が毎日職人さんにお茶やお菓子を出す
ということもよく見られました。

でも、最近では施主が現場に顔を出すと、
その対応で職人の作業が止まってしまうということで
住宅会社の側から「お茶出し不要」と言われることもあります。


とは言え、そこまで効率重視の住宅会社はごく一部で、
たいがいの住宅会社は施主が現場に顔を出すのを嫌がる事はありません。

むしろ、施主にとっては施工現場に顔を出すことで、
施工ミスなどの確認ができたり、職人さんの士気が上がる
もしくは職人さんに緊張感を持ってもらえるなどのメリットがあるので、
都合がつく限り施工現場に顔を出すことをお勧めします。

ただ、その際の注意点がいくつかあります。


まずは、あまりムリをしないこと。

まじめな人ほど、天候や体調が悪くても
“皆勤”したくなりますが、
そのプレッシャーがストレスになってしまうことも。

それが職人さんに伝わり、
顔を出すことが煙たがられてしまいかねません。


次に、職人さんの邪魔をしないこと。

職人さんは話しベタな人も多いですが、挨拶をしたり
仕事の出来を褒めたりすれば喜んでくれますし、
それがさらに良い仕事につながります。

また、作業について質問してもちゃんと答えてくれますので、
何か聞きたいことがあれば遠慮なく訊いてかまいません。

ただ、それも程度問題。
仕事に関係ない世間話であまりに長居しすぎると、
作業がはかどらず煙たがれますので、ほどほどにしましょう。

ほかにも、お茶やお菓子などの差し入れも問題ありませんが、
例えばアイスクリームなど、その場で食べないといけないものなども、
作業を止めることになりますので、NGです。


そして、指示やクレームを職人さんに言わないこと。

何度も施工現場に顔を出して職人さんと仲良くなると、
その気安さから「ちょっと棚を一つ追加で作ってよ」など
直接指示したくなることもあるでしょう。でも、これはNGです。

施工現場には大勢の職人さんがいますが、彼らは全て
元請けである住宅会社の現場監督の指示で作業をしています。

その現場監督を飛ばして施主が直接職人さんに指示を出してしまうと、
他の職種との整合性が取れなくなり、現場が混乱する可能性があります。
指示は必ず現場監督に伝えるようにしましょう。

これは、施工現場が汚いとか音や臭いが気なるなどのクレームも同様で、
直接職人さんに言うとカドが立つこともあります。


施工現場というのは、毎日様子が変わります。
モノが出来上がっていく様子を見るのは楽しいですし、
完成してからでは見えないものが見えます。

職人さんと仲良くなるといろいろな裏話が聞けたりもしますので、
ぜひ積極的に施工現場には顔を出すことをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大工さん何人で家を建てる?』
『住宅会社を見極めるポイント! 現場での挨拶と整理整頓』
『日々変わる施工現場では、早めの確認でトラブルの芽を摘む!』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック