本日は、家計の収支シミュレーション
(キャッシュフロー表)の提出が二組ありました。


うちお一組は、これから家づくりをはじめるにあたって
いくら予算をかけるかというお話しです。

土地の購入からとなるため、全体の予算額によっては
 ・土地の購入+注文住宅
 ・建売住宅の購入
 ・中古住宅の購入
と、家づくりの進め方が全く変わってきます。

そこで、キャッシュフロー表をもとに
家づくりの予算がいくらで、
どのような家づくりをするかを検討します。


ただ、いかにおカネのことが大事だとは言え、
おカネのことだけに気を取られてはいけません。

せっかく大きなおカネを出して家を取得するのです。
新居での暮らしが快適なものにならなければいけません。

その快適な暮らしというのも、人それぞれ。
ですので、おカネという“現実”と同時に、
暮らし方という“夢”を同時に考える必要があります。

そこで昨日のご相談では、別途お書きいただいていた
“コンサルティング・チェックシート”も参照して、
夢と現実を踏まえてどのような家づくりがよいかお話ししました。


例えば、家にはこだわりたいという場合。

家計に余裕があればふんだんに予算をかけて
土地の購入+注文住宅を建てれば良いのですが、
そうでなかった場合にどうするか?

注文住宅は諦めて予算に納まる建売住宅にする
という方法もありますが、
それでは満足できない可能性があります。

そんな時は、例えば土地について
 ・探すエリアを地価の安い郊外にする
 ・面積を少し狭くする
等で予算を抑えることで、建物に予算をかけられるようになります。


家づくりというのは、暮らしのリセットであり
家計のリセットでもあります。

おカネだとか建築といった一面だけに囚われず、
トータルに家族のライフスタイルを踏まえて進めたいものですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりへのこだわりが分かるチェックシート』
『家づくりにまつわるワンストップ相談カウンター』
『家計で困らないために、キャッシュフロー表は定期的な見直しを』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック