住宅相談センターのコンサルティングは、
家づくりのスタートから完成までフォローします。

特に、建築安心パックなどのパッケージメニューの場合、
建物の完成までの間、相談回数は無制限。

資金計画から住宅会社選び、契約、間取り、施工と
細かいことを何度でも、何でもご相談いただけます。

そのため、同じご相談者から毎日のように
お電話やメールをいただくことも珍しくありません。


先日も、あるご相談者からお電話でのご相談がありました。

ただいま建物の建築が進んでいますが、
家づくりのスタート段階からずっとご相談いただいています。

この日のご相談は、トイレのペーパーホルダーを
一連タイプにしようか二連タイプにしようかというご相談。

どちらがよいか迷っているので、
草野の意見も聞いてみようとのこと。

その方がお電話の最後に仰ったのが、こんなお言葉。

「困ったときの草野さん」

ご家族の間では、迷ったら草野の意見を聞いてみよう
ということになっているのだとか。


いやいや、そこまで頼っていただけているとは、
コンサルタント冥利に尽きるお言葉です!

これまでも様々なご相談をいただいているので、
このご家族の家づくりのことを、かなり詳細に把握しています。

というか、半ばご家族の一員として家づくりに参加している感覚です。

「いつもいつもお電話してすみません」

とも仰っていただきましたが、草野としては他人のおカネで、
というよりコンサルティング料金をいただいて
家づくりを楽しませていただいていると言っても過言ではありません。

ぜんぜん気兼ねいただく必要はありませんヨ!


このお宅も、夏には完成予定。
楽しみでもあり、少し寂しくもあります。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『先を見越したアドバイスで、納得・スムーズな家づくりのお手伝い』
『家づくりにまつわるワンストップ相談カウンター』
『家は暮らしの舞台 ご相談者の新居を訪問して』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック