本日、住宅ローンのご相談の中で、
「10年固定金利タイプは、10年後どうなるのでしょうか?」
とのご質問がでました。


10年固定金利タイプというのは、固定金利期間選択タイプの一種で、
返済期間の当初10年間の金利が決まっているという住宅ローン

そのため、10年間の当初期間終了後の金利は
そのときの金利水準によって見直しされます。

金利水準というのは“店頭基準金利”などと呼ばれるもので、
そこから、あらかじめ決められている“引下げ幅”に合わせて
実際の借入金利が決まるという仕組みになっています。

10年経過後に金利が何%になるかは分からないため、
10年固定金利タイプには全期間固定金利タイプに比べると、
将来の金利上昇リスクがあるということになります。


ただ、だからといって10年後の金利のことは
何も考えないというのはもったいない話。


住宅ローンを借りる人にとって、
少しでも金利が低い方が嬉しいのは当たり前のこと。

銀行間の金利引下げ競争が激しさを増している昨今、
うまく銀行と交渉することで金利を下げることができます。

これは借入当初の金利だけでなく、固定金利期間選択タイプの
ローンの当初期間終了後にも当てはまります。

つまり、借入当初の金利を交渉するのと同様、
10年後の金利の交渉(10年固定の場合)も出来るのです。


ただし、10年後の金利水準は分かりませんので、
交渉するのは、10年後の“引下げ幅”。

引下げ幅が大きいほど、実際の借入金利は低くなるという訳です。


ということで、10年固定金利などの固定金利期間選択タイプの
住宅ローンを借りようというときは、当初固定期間の金利だけでなく、
その後の金利引下げ幅が何%になるのかも気をつけて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『長く借りる? 短く借りる? おトクな住宅ローンの借り方は?』
『変動金利に強い銀行は?! 民間住宅ローンの貸出動向調査より』
『住宅ローンの返済額はどのように見直される?』


テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック