本日は、ホームインスペクション(住宅診断)で
建築現場に行ってきました。

お施主さんもお越しいただいたので、
現場を見ながらあれこれご相談になりました。

その際に出たのが、
「コンセントを上手に隠せないか?」
というお話し。


家電製品の溢れる現代日本では、
コンセントの数が多くて困ることはありません。

でも、たくさんコンセントをつけると、
その位置によっては存在が気になることもあります。

できるだけ見せたくないからと言って、壁の端っこや収納内など
目立たないところに設けても、全てを隠すのは難しいでしょう。

そんなときには、逆に見せてしまうのも一つの方法。


例えば、コンセントやスイッチのプレートを
変えてしまうというのはいかがでしょうか?

このウッディなプレートは
ネットで見つけたササキ工芸さんの製品

▼▼ササキ工芸さんのプレート▼▼
ササキ工芸さんのプレート


こちらはエッセンス(イブキクラフト)さんの英国風プレート。

▼▼エッセンス(イブキクラフト)さんのプレート▼▼
エッセンスさんのプレート


コチラはシャープな神保電気さんのプレート。

▼▼神保電気さんのNKシリーズ▼▼
神保電気さんのプレート


また、プレート自体を隠してしまう方法も。

って、どちらかというとジョーク・アイテムのこちらは、
とりクラフトさんの製品。

▼▼閉めた状態▼▼
とりクラフトさんのプレート(閉)

▼▼開けた状態▼▼
とりクラフトさんのプレート(開)

和テイストですが、もし洋風の部屋に設けるなら、
身近にあるもので自作してみても面白いかもしれませんね。


実用の塊りであるコンセントも、
センス一つで楽しめるというお話しでした。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『図面のチェックは最後までしっかりと』
『不恰好なACアダプターはどう処理する?』
『照明やスイッチ、コンセントはどこに付ける?』


テーマ:雑貨・インテリアの紹介
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック