マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅ローンの借換えで、住宅ローン控除はどうなる?

わずか数年前に借りた住宅ローンであっても、
超低金利下の現在の金利水準なら、借換えることで
利息軽減効果などのメリットが充分にでます。

そんな背景から、住宅相談センターでは
このところ住宅ローンの借換え相談が増えている訳ですが、
昨日もこんなご質問がありました。

「借換えした場合、住宅ローン控除はどうなりますか?」


住宅ローン控除は、ローンの残高や借入者の所得などに応じて、
所得税・住民税が戻ってくるというもの。
ただ、適用される期間は最初の10年間だけ。

その期間内に住宅ローンの借換えをしてしまったら、
どうなるのでしょうか?


結論としては、住宅ローンの借換えをしても
住宅ローン控除は引き続き受けることができます。

ただし、引き続き住宅ローン控除を受ける場合、
新規に住宅ローンを借り入れたときと同じように、
あらためて確定申告する必要があります。

(会社員の場合、翌年からは年末調整でOK)


また、住宅ローン控除は、住宅ローンの総返済期間が
10年以上ないと対象になりません。

そのため、返済期間を短縮して借換えを行う場合、
新規借り入れ時からの通算の返済期間が
10年を切らないようにする必要があります。

(逆に、住宅ローン控除の適用期間は
 “借換え時から10年間”にもなりません)


あと、住宅ローンの借換えにあたって、借換え諸費用を
手持ち資金ではなく借入額に上乗せして調達する場合、
当然、借入残高が上がります。

でも、増額された借換え後の残高が
そのまま住宅ローン控除の対象になる訳ではなく、
下記の式に基づいて計算されます。

【借換え後の年末残高】×【借換え直前の残高】÷【借換え額】


ほかにも住宅ローン控除の適用を受けるための要件は
いろいろありますので、詳しくは国税庁のHPをご覧下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンの見直しで、簡単・効果的な家計の改善を』
『中古住宅でも使い勝手向上! 住宅ローン控除等の要件が緩和の見通し』
『住宅ローン繰上返済の考え方』


|  |-住宅ローン選び | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2204-b97acbfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT