マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築条件付土地の“建築条件”は外せる?

昨日の住まいづくりアカデミー
『いい土地がスムーズに見つかる 土地探し成功術』
の終了後にいただいたご質問。

「建築条件付土地の“建築条件”は外せるのでしょうか?」

この答えは、「外せることもあります」となります。


建築条件付の土地というのは、売買契約時に
建物を建てる会社が指定されている土地のこと。

販売会社側からすると、土地と建物とで
“二度美味しい”となります。


でも、実際の取引の現場では、販売業者側は
土地ではほとんど利益を取っていないことがよくあります。

これは、建築会社が売主の場合、土地の販売よりも
本業である建物の建築で儲けようと考えていたり、
土地の“安さ”をウリにして集客しようという面もあります。

(余談ですが、土地の安さばかりに目が行って契約してしまうと、
 建物が意外と高くつき、土地と建物の総額では
 予算をオーバーするという事態が起こる事もあります)

相場と比べて土地の値段を安く設定しているため、
建築条件付土地の建築条件を外して売ってしまうと、
販売業者としては儲けがないどころか赤字になることさえあります。

ですので、単純に建築条件を外してくれと言っても、
そうは問屋がおろさないというワケです。


では、どうすれば建築条件を外してくれるのか?

最近も、草野のご相談者で
建築条件を外す事に成功した方がいました。

それは、建物で得る予定だった利益の分を
土地の価格に上乗せして払うことです。


その金額がいくらかというのは、ケースバイケース。

周辺の相場をベースに、それだけ色を付けるかですが、
基本的に売主である販売会社側の方が立場が強いため、
周辺相場よりも高い金額を出す覚悟は必要でしょう。

逆にいうと、そこまで是が非でも欲しいと思わなければ、
他の土地を当たるのが賢明かもしれません。


まぁ、言ってみるだけならタダですから、
条件を外す交渉をする事自体は問題ありません。

でも、「買ってやるから、条件を外せ」などと
上から目線で話をしたり、「上乗せ分は出せないけれど
条件を外してほしい」などというと、
販売業者にバカにされるかもしれませんので、ご注意を!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築条件付き土地と建物の同時契約は絶対にダメ?』
『土地は自分で探す? 住宅会社に探してもらう?』
『土地探しの秘訣は、やるべきことを地道にやること?!』



| ◆土地・不動産探し | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2185-6d104c6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT