本日は、住宅金融支援機構さんのセミナーにて
「ライフプランを考えれば見えてくる 住宅ローンの選び方」
をテーマにお話しをしてきました。

住宅ローン選びは金利の高低だけではなく、
適正な資金計画や家計分析が必要で、そのためには
“ライフプラン”を考えましょうという内容です。

常々、セミナーやコンサルティングの場で
お伝えしていることではありますが、
実際の家計の事例も3パターンご提示してお話ししました。

その最後にお伝えしたことをご紹介します。

          * * *

本来、お金を借りるいうのは、とても大変なことです。

会社が事業資金を借りようとすれば、
詳細な事業計画書を銀行に提出し、何度もダメ出しをされ、
結局おカネが借りられなかったなんて事も珍しくありません。

それが、こと住宅ローンになると、
所得を証明する書類と、物件の資料プラスα程度で
銀行はお金を貸してくれます。

なぜ、こんなに簡単にお金を貸してくれるのか?

極端な言い方をすれば、銀行としては
もしおカネが返ってこなければ、土地と建物を差し押さえて
売ったお金で回収できるからです。

銀行にとってはそれでよくても、
借りている側からすればそんな訳にはいきません。

であれば、借りる側が自衛の意味も込めて、
住宅ローンを借りる前に事業計画=ライフプランに基づいた
家計の収支シミュレーション(キャッシュフロー表)
を作成する必要があるのです・・・

          * * *

実は、ゴールデンウィーク前後から、
このキャッシュフロー表作成のご依頼や
住宅ローンのご相談が増えています。

皆さまも、ぜひ住宅ローンを借りる前、
それも出来れば家づくりを考え始めたら、
まずはおカネという現実を押さえるために
キャッシュフロー表の作成をお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『コンサルティングは口八丁ではありません?! 資料作成で大忙し!』
『キャッシュフロー表 5000円で絶賛作成中!』
『意外と大きな出費?! 家電の買い替え費用も見込んでおく』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック