マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

要注意! 親子リレーローンが子の将来を縛る?!

本日は、年配の方から
親子リレーローンについてのご相談をお受けしました。


リレーローンというのは、
親子2代で返済する住宅ローンのこと。

年配の親が家を建てる時、
完済時年齢の関係から返済期間を充分にとれず、
希望額を借りられないことがあります。

例えば、完済時年齢が75歳の銀行の場合、
親の年齢が65歳であれば、最長で10年返済でしか
住宅ローンを組むことが出来ません。

そんなときに、子どもが親の債務を引き継ぐことを前提に、
親の完済時の年齢に関係なく
長期の住宅ローンを組むことが出来るという訳です。


この親子リレーローン。

住宅ローンを借りやすくなるからといって、
安易に借りてはいけません。

それは、債務を引き継ぐ子どもの将来を縛ってしまうからです。


親子リレーローンは、子どもも新居に住むか、
もしくは将来入居する必要があります。

また、親子リレーローンを返済中は、
子どもが独自に住宅ローンを借りて家を購入することも出来ません。

つまり、親子リレーローンを組むということは、
子どもにとって家の選択肢を無くすことになるのです。


二世帯住宅であったり、子どもが家を継ぐのであればともかく、
そうでなければ親子リレーローンは控えるのが賢明でしょう。

特に、将来の人生設計をまだ持たない若い独身の方は、
気軽に了解してしまうかもしれませんが、
自分の人生を大きく左右することをよくご理解下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『親兄弟はどう考えている?! 家づくりの合意形成』
『二世帯住宅に朗報?! 相続に有利な小規模宅地の特例が緩和』
『老後資金確保の一手段 リバースモーゲージ』


|  |-住宅ローン選び | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2159-033cb8c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT