昨日は土地購入+注文住宅というご相談が、2組重なりました。

ちなみに、1組は無事に土地が見つかりましたが、
もう1組はこれから本格的に土地探し始めるところ。


土地というのはひとつとして同じものはなく、
“出会いのもの”と言えるので、
いつ最高の土地が見つかるかは何とも言えません。

そのため、入居希望時期に融通が効くなら良いものの、
「いつまでに入居したい」という期限が決まっている場合、
スケジュールが読めないのが難点。

そうは言っても、新居への入居期限が決まっているのなら、
「スケジュールが読めなくて」なんて悠長なことは言ってられません。

そこで、昨日も家づくりのスケジュールの確認をしました。


例えば、来年の春には新居に入居したいという場合。

引越し料金が高騰する3月下旬を外すという点から
3月中旬頃には引渡しを受けておきたいところ。

そうすると、できれば10月に着工しておきたいので、
設計・見積期間を3ヶ月とすれば7月には土地が
決まっている必要があります。

もし、じっくり設計打ち合わせをしたければ
さらに期間がかかるので、6月の頭には土地を決めたいですし、
逆に施工・設計期間の短い大手ハウスメーカーで建築するのなら、
11月に土地を決め、1月着工でも間に合うかもしれません。


ただ、“期間”だけしか見ていないと、
お盆や年末年始休暇を挟むと想定よりも期間がかかってしまったり、
年度末ぎりぎりの工期だと、他の現場と重なって
工期が遅れる可能性もあります。

そういう点も加味して、
土地探しのタイムリミットがいつかを検討しましょう。

さらに、もし期限内にで土地が見つからなかった場合に
注文住宅から建売住宅に変更するとか、
実家敷地内に建てるなどの代案も合わせて考えておきましょう。

くれぐれも、あとでシマッタ!ということの無きように!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地は自分で探す? 住宅会社に探してもらう?』
『スムーズな家づくりのために、スケジュールを押さえましょう』
『土地探しの秘訣は、やるべきことを地道にやること?!』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック