本日のご相談の中で、
土地を住宅会社に探してもらおうかとのお話しが出ました。


土地探しには、大きく
 1)自分で探す
 2)住宅会社に探してもらう
 3)自分でも探すが、住宅会社にも探してもらう

の3パターンがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。


一番一般的なのは、自分で探すというもの。

具体的には、自分で不動産会社に行ったり、
インターネットや情報誌で物件情報を集めます。

自分で土地を見つけられれば
どの住宅会社で建てようと自由ですので、
住宅会社の比較検討や価格交渉がやりやすいのがメリットです。

でも、自分で動く手間がかかり、
土地に気を取られすぎて、土地は購入したものの
予算や敷地条件から希望の建物が建てられない事態に
陥らないように注意する必要があります。

ですので、もし土地を自分で探すとしても、
住宅会社と建物の打合せを並行して行うことをお勧めします。

ちなみに、土地を自分で探すのに向いているのは、
土地と建物それぞれにこだわりが強く
時間的な余裕がある人と言えそうです。


では、今回お話しが出た、
住宅会社に土地を探してもらう方法はどうでしょうか?

最大のメリットは、話をする窓口が
家を建てるのと土地を探すのとで一本化できること。
そのため、探す手間がラクでスピーディになり、
土地と建物のバランスをトータルに見ることが出来ます。

また、プロの持つ土地探しのネットワークに期待もできます。

ただ、住宅会社としては自社で建築してもらうことが前提になるため、
自社の商品が建てられない土地は対象外になるとともに、
土地が見つかっても住宅会社の比較検討は基本的にできません。

ですので、住宅会社に土地を探してもらう場合は、
土地探しを依頼する前に、しっかりと住宅会社を選ぶ必要があります。

その場合のポイントは、大きく
 1)希望に合った建物を建ててくれるか
 2)土地探しが得意か

の2点となります。土地探しが得意で無い会社に土地探しを依頼しても、
デメリットが大きくなる可能性があります。

土地を住宅会社に探してもらうのに向いているのは、
時間に余裕が無い人や、土地と建物へのこだわりがあまり無いか、
こだわりに合った住宅会社を見つけられている人と言えそうです。


土地探しと住宅会社探しは密接に関わっており
土地探しが先か住宅会社選びが先かと
割り切れないこともよくあります。

そのため、実際には自分でも探し、
住宅会社にも探してもらう
という
3番目の方法になることもよくあります。

大事なのは、それぞれの探し方のメリット・デメリットを理解し、
自分たちに合った進め方はどれなのかを判断することでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不動産探しは、事前の準備が重要』
『土地探しは持久戦と短期決戦』
『不動産系の住宅会社と建築系の住宅会社』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック