本日、間取りのご相談の中で、
「第1種換気って何?」とのご質問がありました。


日本では2003年の建築基準法改正により
住宅に24時間換気システムの設置が義務付けられましたが、
第1種換気というのはそのシステムの一つ。

【第1種】以外に【第2種】【第3種】と3種類あり、
その違いは、下記のように吸気と排気を
機械のファンで強制的に行うかどうかで決まります。

【第1種換気】
 吸気:機械換気
 排気:機械換気

【第2種換気】
 吸気:機械換気
 排気:自然換気

【第3種換気】
 吸気:自然換気
 排気:機械換気


一般的に住宅で一番使われているのが
排気のみ機械換気で行う【第3種換気】。

トイレなどに換気扇を設けて排気を行い、
居室などに吸気口を設けるというものです。

ただ、この第3種換気の場合、
冬であれば空調で暖めた空気が外に逃げてしまい、
外の冷気が室内に入ってきてしまいます。

せっかく気密断熱性を上げても、
その効果を打ち消してしまうことになりかねません。


そこで、高気密高断熱住宅を中心に用いられているのが
ご質問にあった【第1種換気】。
機械で吸気と排気を行うため、換気が確実に行われます。

さらに「熱交換型」の換気システムを使えば、
排気に含まれる熱を吸気された空気に熱を移せるので、
換気による熱のロスを防げます。

この熱交換型の第1種換気システムは機器の費用が高いため、
第3種換気システムほどには使われていませんが、
多少イニシャルコストがかかっても、
ランニングコストの抑制や生活の快適さを重視する人にはお勧めです。


ちなみに、機械吸気・自然排気の【第2種換気】は、
室内の気圧が高くなりホコリなどが入りにくくなるため、
工場のクリーンルームや病院の手術室などで採用されていますが、
壁体内結露を起こしやすい言われ、一般住宅では少数派です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『通風や採光が取れないとき・・・ 欄間はいかが?』
『窓も適材適所 書斎の窓の考え方』
『開かない扉?! 高気密高断熱住宅の気密測定』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック