関東地方を初め、名古屋周辺でも雪がスゴイですね!

本日の午前中は、基礎の配筋検査を予定していましたが、
大雪との予報を見て急遽昨日に前倒しして、正解でした。

本日は2組のご相談の予定がありましたが、
この雪では身動きが取れないと、キャンセルとなりました。


そんな大雪の中、午後には中日ビルにてセミナーがありました。

50名ほどのご予約をいただき、さすがにキャンセルもありましたが、
それでも30名ほどの熱心なご参加をいただきました。

テーマは「わが家の価値を正しく判断! 安心安全な住宅購入」。
品質と防犯という二つの視点で、住宅を見ていきました。


その中で、愛知県警のご担当者からは、
泥棒被害に合わずに済むための
「防犯4原則」をご紹介いただきました。

泥棒を防ぐには、泥棒の嫌がることをすればよいということで、
次の4点が挙げられました。


1)時間
 泥棒は侵入に5分以上かかると身の危険を感じ、侵入を諦める。
 一定の性能を持つ“CP建物部品”の使用がお勧め。

2)音
 泥棒は音がすると逃げる。警報ベルや防犯砂利などの音で
 泥棒対策をする。

3)光
 明るいと泥棒は仕事がしにくい。防犯等やセンサーライトの設置を。
 また、外出時に部屋の明かりを点けておくのが、
 最も手軽で安価な泥棒対策。

4)地域の目
 泥棒は近所の目が光っていると仕事がやり難い。
 知らない人にも挨拶するのも効果的。


愛知県は泥棒被害が全国ワースト1位。
皆さまもご注意下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『防災グッズや備蓄食料の保管場所も計画しておきましょう』
『防犯対策に絶対はない』
『防犯と利便性・・・ ポストの位置はどこがいい?』


テーマ:防犯・防災
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック