住宅会社と商談中のご相談者から、
「地盤調査はいつ行うのでしょうか?」
とのご質問をいただきました。


最近は、住宅の新築前に地盤調査を行い、
その結果次第で地盤改良工事を行うことは、あたり前になりました。

これで軟弱地盤などでの建物の不同沈下発生も抑えられ、
万一、トラブルがあった場合には、地盤会社の保証もつきます。

でも、地盤改良工事を行うと少なく無い金額がかかり、
数十万円どころか、地盤状況や建てる建物の規模によっては
数百万円かかることも珍しくありません。

ただ、どのような地盤改良工事が必要で、どれくらいの費用が
かかるのかは地盤調査をしなければ分かりません。

そのため、早く地盤調査をしたいところですが、
実際の家づくりの際には、あまり早い段階で
地盤調査を行うことは多くありません。


住宅の地盤調査で一般的なスウェーデン式サウンディングの場合、
建築する建物の4隅と中央の5ポイントで調査します。

でも、地盤の状況というのは敷地ごとに違い、
同じ敷地でも建物の位置によって変わってくることもあります。

そのため、建物の位置が決まる前に地盤調査を行っても、
配置決定後に再度調査をやり直すことになってしまうのです。

大手ハウスメーカーの場合、営業の初期段階で地盤調査を行い、
契約後に再度正式な地盤調査を行うこともありますが、
その経費(~10万円程度)は建築費用に乗っかってきますし、
工務店の場合は営業としてそこまで行うのは少数派です。

ですので、特に地場の工務店で家を建てる場合、
間取りや金額が固まった工事請負契約後に
地盤調査を行うのが一般的となります。


そのため、あとから予算オーバーしないように、
近隣の地盤データや地形などをもとに、
「これくらいかかるだろう」という想定をし、
資金計画に織り込んでおく必要があります。

もし、住宅会社が地盤改良の費用を資金計画上で全く
想定していない場合は、どれくらいかかるのかを確認しましょう。

そもそも地盤改良のことを説明しない住宅会社は、
確信犯的に金額を安く見せようとしている可能性もありますので、
深く関わらないほうがよいかもしれません。


なお、地盤が悪いことがハッキリしており、資金計画上
早い段階で地盤改良費用のメドを立てておきたい場合もあるでしょう。

そんな時は、コストは地盤調査1回分、余計にかかりますが、
工務店の選定とは別に先行して地盤調査を行うことも可能です。

地盤は住宅にとってとても大切なものですので、
状況に応じてご判断下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の見極め法 都合の悪いことを教えてくれるか』
『地面の中は不安がいっぱい?!』
『「資金計画書」で家づくりの総額を確認しましょう』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック