マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家によるプレゼンテーション

こんにちは、草野です。

「他にない強いこだわりと意外性を感じる、跳んだ家にしたい!」
この熱い想いを実現するために、建築家コンペを開催中のMさま。
先日「空間印象派 ~硬質な透明感を求めて~」をテーマに
思い切った5つのプランが集まりましたが、いよいよ! 昨日建築家自身による
プレゼンテーション「建築家面談」が開催、草野も丸一日同席いたしました。
建築家の発想や個性に触れる絶好の機会、草野も大いに楽しませていただきました!

建築地であるご実家に、5組の建築家にお集まりいただきました。
本日は、これまでTV電話での参加だった奥さまも、初めてのご同席です。

1番手は名古屋から、D.I.G ARCHITECTSの吉村 昭範さんと篠原 真基さん
お二人でのプレゼンテーションです。
3階建てで、1階にはLDK、2階には居室、3階には浴室と、
1フロアごとに1つのスペースというプランで、
吉村さんは「とにかくミニマルに、極限まで削ぎ落とした」そう。
建築主さまの印象も「とてもシンプルで分かりやすいプランです」
とともに、「少しシンプルすぎる気もしました」との評も。
でも、それはシンプルな方がフレキシビリティが高まるだろうと考えた結果で、
シンプルな形に至るまでの過程を、多数のスタディモデルでご説明いただき、
シンプルさの奥にある深い考えも見えてきました。
年齢も近いだけに、建築主さまも話しやすかったようでした。

2番手は後藤武建築設計事務所の後藤武さん、東京からお越しいただきました。
外観は一辺8mのシンプルな立方体ですが、中はタータン・チェック柄をモチーフに
ボリュームの帯を立体的に交叉させて、4層に重なる「空間の織物」を創り上げました。
「外は単純だけれど中は複雑で、
来た人がアッと驚く自慢できる家になりそうです」

と建築主さまが仰るとおり、インパクト抜群のプランです。
後藤さんはプランを考えるときには「立体のスケッチ」と呼ぶ、
紙製の簡単な模型を創ってスタッフと議論するそう。
だからこそ、このような立体の造形が出来るのですね。

2組のプレゼンテーションを受けたところで、いったんお昼休憩です。
午後は3組の建築家との面談ですが、続きは明日ということで・・・

|  |-相談事例 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/208-8206604d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT