昨日は、住宅会社選びのご相談があり、
数社の見積・資金計画書を拝見しました。

その際、金額の高い・安いだけを見ていると
とんだ落とし穴にハマることがあるため、
各項目の条件もしっかりチェックします。

また、建物本体工事費だけでなく、付帯工事や
諸費用
にも漏れが無いかをチェックします。


そんな中、一つ気になったのが
諸費用に計上されている、住宅ローンの保証料

保証料というのは、住宅ローンを借りる際に
保証会社に保証してもらうための費用

保証会社に保証してもらうことで、
親や兄弟などに連帯保証人になってもらわなくても、
大金を借りることが出来るのです。

 ※ちなみに、万一住宅ローンの返済が滞った際、
  債務者に代わって保証会社が銀行に返済してくれますが、
  それで借金がチャラになる訳ではありません。

  あくまで保証会社が立替えてくれただけで、
  ローンの残金は保証会社に返済しなければいけません。


保証料は保証会社に支払いますが、
住宅ローンの借入時にまとめて支払うのが一般的。

その額は、銀行や保証会社によって多少上下しますが、
例えば3000万円を35年返済で借りた場合、60万円ほどと、
住宅ローンの諸費用の中でも、結構大きな割合を占めます。


で、今回拝見した資金計画書に目をやると・・・

A社の資金計画書には保証料○○万円との記載があるのですが、
B社の資金計画書には保証料が0円となってなっています。
これだけ見ると、B社の方が数十万円安いように見えてしまいます。

これって、B社が金額を安く見せようと、
インチキをしているの?と思ってしまうかもしれません。
でも、インチキというワケではありません。


なぜか?

B社の資料をよく見ると、保証料の欄に
「金利上乗せ」と書かれています。

実は、保証料の支払い方法は2種類あり、
前述の通りローンの借入時に一括して支払う方法以外に、
毎月の返済額に金利を0.2%程度上乗せして
分割して支払う方法があるのです。

一般的に、前金一括払いの方が保証料の総額は安くなりますが、
一度に支払う金額が大きくなってしまいます。

人によっては、建物本体の費用はじめ諸々の出費がかさみ、
一括払いによる保証料の負担が難しいケースもあります。

そんなときに、保証料の金利上乗せ方式を選ぶことで、
保証料の総額は上がるものの、
住宅取得時の出費を抑えることが出来るというワケです。


ですので、保証料を金利上乗せ方式で
支払うこと自体は何の問題もありません。

でも、見積を比較する際にこの点を見落としてしまうと、
B社の方が安いと勘違いしてしまうことがあります。

中には、金額を低く見せようと、“意図的”に
金利上乗せ方式で保証料を提示する住宅会社が
あるかもしれませんから、ご注意下さい。

こんな点も含めて、家づくりの見積や
資金計画書をチェックするのは結構難しいので、
お気軽に住宅相談センターまでご相談下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『分かりにくい、住宅ローンの手数料』
『年末で忙しくても、契約前の確認はしっかりと!』
『建物本体工事には何が含まれる?』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック