住宅会社と設計打合せ中のご相談者から、
「図面をよく見てみると、打合せした内容が
 反映されていなかったのですが・・・」

とのお話しがありました。

こういったことは、珍しいことではありません。

施主として大事なことは、
こんなときにどういう対応をするのかです。


プロのくせにミスをするとは何ごと!と怒るのは簡単。
でも、ミスが何度も重なったのならともかく、
数回程度のミスで強く出るのはお勧めしません。

相手はプロだから間違いは無いだろうと思いたいところですが、
住宅会社の担当者も人間、うっかりミスもあります。

変更箇所は一つだけでも、平面図に立面図に展開図と
図面上では訂正箇所が数箇所に及ぶこと珍しくは無く、
何度も変更が重なれば、訂正漏れも出てしまうもの。

ある程度までは寛容にならないと、
住宅会社との関係を悪くしかねません。


また、ミスに気付いた時、
「ちゃんと言ってあるのだから、いずれ反映してくれるだろう」
と素通りしてしまうのもいけません。

理由があって反映してないのならともかく、
そうでないことの方が多く、誤りの訂正は
遅くなればなるほどやり難くなるからです。

「プロに対してダメ出ししてもよいの?」
と思うかもしれませんが、プロはそんなことは気にしません。


これは、間違いの訂正だけでなく、要望が変わった場合も同様。

プランを変えたいと思ったら早めに言わないと、変更が出来ないか、
出来たとしても手間がすごいかかってしまうことも。

気になったことは早く、具体的に伝えることが重要。
その際は、実際に図面で赤字で訂正を入れ、
それをそのまま住宅会社に渡すのが確実です。


「なんで、お金を払っている施主が
 自分で図面のチェックをしなきゃいけないの?」
と思う人がいるとすれば、それはちょっと違います。

特に注文住宅の場合、一品生産になるため
何ごとも施主の判断が重要になります。

建築や法律などの専門的な内容までチェックするのは難しいとしても、
打合せした程度の内容であれば、一般の方でも確認できるはずです。

自分達の要望がしっかり反映されているかを確認することは、
施主の責任であり、いい家を建てる条件であると言っても良いくらいです。

チェック漏れで家が建ち、住んでから困るのはご自身です。
住宅会社に丸投げでは、こだわりのある家は建ちませんヨ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の見極め法 記録を取ってくれるか』
『平面図だけで間取りは分かりません。展開図も確認を』
『“聞いていなかった”“知らなかった”とならないために』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック