マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

通風や採光が取れないとき・・・ 欄間はいかが?

昨日は、間取りのご相談が重なり、
“通風”“採光”について同じような話題が出ました。


風通しを良くするためには、
風の出入り口を2箇所作ることがセオリーですが、
間取りによっては難しいことも珍しくありません。

例えば、3つの部屋が並んでいる場合、
両端の2部屋は角部屋なので窓を2方向に取れますが、
真ん中の部屋は窓が1方向しか取れなかったりします。

また、面積の大きな家の場合、廊下が屋外に面せず、
日中でも陽が入らずに暗くなるということもあります。

そこでお話ししたのが、欄間(ランマ)


欄間とは、室内の壁の上のほう、
天井と鴨居の間に設ける横長の建具のこと。

昔の日本家屋でよく見られ、
格子や彫刻など凝った装飾を施されたものもあります。

▼▼草野家の欄間▼▼
欄間

開閉すれば、壁の上方で隣の部屋や廊下とつながるので、
部屋としての独立性は確保したいけれど、
通風・採光を取りたいというときに打ってつけです。


上記の写真のような、昔ながらの欄間の似合う住宅は
現代ではあまり無いでしょうが、
今風の住宅にも合う欄間は、市販品にもあります。

特に、壁の上に欄間を設けると構造的に制約が出ることもあるため、
下記の写真のように、ドアなどの建具の上に設けるのがお手軽。

▼▼ドアの上の欄間(LIXILさんのHPより)▼▼
建具の上の欄間


材質も選べるので、採光目的なら
ガラスやアクリル板などの透明な素材を使えば、
開閉しなくても採光がとれます。

開閉できるようにする場合でも、
中軸回転や引戸、格子状など、開閉方法も選べます。

通風・採光が気になる場所があったら、
検討材料に挙げることをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『平面図だけで間取りは分かりません。展開図も確認を』
『窓も適材適所 書斎の窓の考え方』
『間取りのチェック法 ~建具~』


|  |-間取りとデザイン | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2055-98b3d855

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT