マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

D.I.G Architects 吉村昭範さん&吉村真基さん

こんにちは、草野です。

12月16日に完成見学会を開催する、愛知県一宮市の『horizon』
先日もご紹介しましたが、「庭のようなリビング、リビングのような庭」
を持つ住宅です。その開放感あふれる空間を創り出した建築家が、
D.I.G Architects吉村昭範さんと吉村真基さんです。

大学院卒業後5年の設計事務所勤務を経て独立し、自らの事務所を構えて3年。
まだ30代前半の若いお二人ですが、斬新なデザインと独創的なコンセプトで
建築家コンペの当選5回や、日本建築学会東海賞など各種受賞を誇る、
まさに「売り出し中」の若手建築家です。
吉村さんと「horizon」

昨日、完成見学会の打合せも兼ねて名古屋・大須の事務所にお伺いしたところ、
住宅の設計について、『horizon』についてなど興味深いお話しを
じっくりとお聞きできましたので、見学会に先立ちここでご紹介します。

 「その場所に立ったときの印象とお施主さんのご要望」
   →設計にあたる時の、取っ掛かりです。その立地を見ると
    そこにふさわしい、「こんな家を建てたい」との
    インスピレーションが湧くそうです。
 「既存の環境を活かしながら、周囲とはちょっとデザインをずらす」
   →まわりとは調和しながらも、さりげなく存在感があります。
    『horizon』では「水平線」をデザインの基調として
    横長の窓などを各所にあしらい、個性と統一感を演出しています。
 「見せたくないところを、どうやって見せないようにするか」
   →玄関や水回りを南北一直線に配置することで外部から閉じ、
    敷地西側にオープンな空間を確保しました。
 「プランは単純だけれど、部屋のつながりが多様になるように」
   →廊下や壁で区画せず、壁に開口部をつけたり、
    動線に回遊性を持たせることで、広がりを感じさせています。
 「2階は行燈が浮いているようにした」
   →1階はRCの塀に囲まれて外から見えないため、目を惹く2階のファサードは
    いくつも模型を作ってデザインを検討したそうです。
    夜には部屋の灯りが漏れ、ファサードを印象的に浮かび上がらせます。
吉村さんお気に入りのアングル
 「構成はシンプルにし、建築的な『意図』を感じさせないようにした」
   →さまざまなアイディアや配慮が満載ですが、
    さりげなく見せるところに上品さが感じられるのですね。
 「ちょっとしたディテールにこだわることで、一味違った見せ方になる」
   →例えば窓や傘木、建具の枠の収まり具合など。
    現場とのやりとりを経て、納得のいく造形が出来たそうです。
 「思い切ってやってみたら、コスト的にも収まり、見た感じもよくなった」
   →「寛大なお施主様に恵まれ、楽しみながら創らせてもらった」そう。
    それだけに『horizon』は、これまで手がけた住宅設計の集大成、
    「ある世界に到達できた」との実感があるそうです。

・・・建築家ならではのセンスが満載のこの『horizon』、
ぜひ皆さまもご自身の目でご覧下さいませ。
完成見学会は12月16日(日)、ただいまお申し込み受付中です!

  >>>完成見学会のお申込みはこちらから

|  |-建築家 | 22:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

拝見しました。

全然会ってないけど頑張ってるみたいだね!
俺も人生頑張るわ!!

| 晶弘 | 2008/08/26 00:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/201-22a8129b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT