マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不動産の契約やめたら、倍返しだぁッ?!

先日、土地が見つかった方と
売買契約締結に向けたご相談をお受けしていた際、
手付金についてのお話しが出ました。


手付金とは、土地や建物などの不動産売買の契約時、
契約が締結された証として買主から売主に渡されるお金のこと。
(専門的には“証約手付”と言います)

金額は、物件価格の1割程度のことが多く、
100万円とか200万円等きりのいい数字になることもあります。

 ※売主が宅建業者の場合、下記の上限が決められています
  ・建物が未完成時:売買代金の5%以内かつ1000万円以内
  ・建物が完成時 :売買代金の10%以内かつ1000万円以内

手付金は売買契約時に必要になるため住宅ローンは使えず、
基本的に現金で用意する必要があります。

ちなみにこの手付金、無事に不動産物件の引き渡しが行われれば、
そのまま売買代金に充当されますので、
売買代金にプラスして余計な費用がかかるというワケではありません。


それでは、何らかの事情で引渡しが行われなかった場合、
すなわち売買契約が解除されてしまったら、どうなるのか?

買主側から解約を申し入れた場合は、手付金は戻ってこない、
すなわち「手付金の放棄」となります。

売主側から解約を申し入れた場合は、
売主は受領した手付金を返金した上で、
手付金と同額を買主を支払うことになります。

つまり、「手付金の倍返し」となります。

 ※ドラマ半沢直樹で有名になった「倍返し」ですが、
  もし、倍返しをやってみたかったら
  不動産売買の売主になって、契約を解除すればよいですヨ?!
  (って、そんなことをする人はいませんね!)


それはともかく、手付金の放棄や倍返しというのは
専門的には“解約手付”と呼ばれ、
解約によって生じる損失を補償する意味合いがあります。

売主・買主ともに、一旦契約をした以上
相手に責任を持つことで、安易に契約したり
解約しないような縛りを設けているワケです。

 ※手付金の放棄、もしくは手付金の倍返しで解約できるのは、
  一定期間内、もしくは相手方が契約の履行に着手する前まで。
  その期間を過ぎると、もっと多額の損害賠償が発生することもあります。
  (契約内容によります)


一旦契約を結んだからと言っても、
「手付け放棄」「倍返し」等で解約が出来るのですから、
確実に引渡しが受けられるかはまだ分かりません。

もし売主が手付金の倍返しや違約金を払ってもメリットがあると思えば
解約してくることもあり得ますので、実際に引渡しを受けるまでは
安心は出来ません。ご注意のほどを。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地の引渡し時期 こんな落とし穴に注意』
『解体は誰がする? “古家付き土地”の条件交渉』
『不動産仲介手数料3%+6万円の“6万円”って何?!』

| ◆土地・不動産探し | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2009-96d0b73c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT