マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の伝統・三州瓦

こんにちは、草野です。

屋根の材料には、ガルバリウムなどの金属材や
カラーベストなどのスレート材などいろいろありますが、
日本で広く使われているのは、なんと言っても「瓦」です。
中国から伝わって以来1400年の伝統を誇り、
日本建築には欠かせない存在です。

瓦の良さは、重厚感や落ち着いた風合いのほかにも、
水をしっかりはじくという防水性、
寒冷地でもひび割れや剥離などが発生しない耐寒性、
火災時の類焼を防ぐ耐火性など、様々な点があります。

愛知県、特に三河地方は古来から瓦の産地として有名で、
「三州瓦」は全国で50%以上のシェアを誇っています。
伝統的な「釉薬瓦」や「素焼瓦」、「いぶし瓦」に加え、
近年ではいろいろなデザインにマッチする色瓦や、
南欧風などヨーロピアンテイストの瓦、
シャープでフラットなデザインまで、
様々な瓦が作られています。

そんな三州瓦のいまを知りたいと、コンサルタントの新保が
愛知県高浜市にある「愛知県陶器瓦工業組合」さんへ取材に行ってきました。
詳しい様子は、1月に発行予定の
リブネットの情報誌「家づくりサポート」にてご覧いただけます。
日本の伝統「瓦」がいまどうなっているか、
その最新の様子をレポートしますので、ご期待下さいませ!

|  |-間取りとデザイン | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/200-64662fff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT