マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家はランドローバー、ハウスメーカーはミニバン?!

本日は2組のご相談がありましたが、その中で、
ハウスメーカーと建築家の家づくりの違いについての話題が出ました。

実は、つい先日も、別のご相談者からハウスメーカーと建築家の
どちらがよいの?とのご相談がありました。


ハウスメーカーと建築家というと、
見方によっては“対極”にあると言ってもよいもの。

逆に言うと、それぞれを見てしまうと、
それぞれの良いところが気になってしまうのもやむを得ないところ。

でも、同じ土俵で比べられない分、
この両者で悩み出すとなかなか答えが出にくくなるものなのです。


ハウスメーカーの家は、工場による大量生産、
つまり工業製品と言ってよく、特徴はマーケティングに
裏打ちされた万人受けするバランスの良さにあります。

デザイン性や性能はもとより、長期保証も完備。
モデルハウスやショールーム、そして充実したカタログ類で、
誰が見ても分かりやすく家づくりを進めることができます。

安心・確実さがハウスメーカーのウリと言ってもよいでしょう。


ただ、至れり尽くせりの分、若干コストが高めであるのと同時に、
安心・確実の裏には自由度が低いというデメリットもあります。

大量生産をするためには、ある程度ラインナップを絞る必要があり、
そのため規格から外れるとコストが跳ね上がったり、
そもそも対応できないことも起こりえます。

そのようなハウスメーカーの家づくりが窮屈だと感じる人にとって、
既成の概念に縛られない建築家との家づくりは、
魅力的に映ることでしょう。


建築家との家づくりでは、構造・工法から使用する建材・設備まで、
何の制約も無く、間取りやデザインの提案も一味違います
“ありきたりの家”にしたくない人にとっては、個性や意外性から、
建築家との家づくりはワクワク楽しいものになるでしょう。

ただ、建築家は正式に設計監理契約を締結してから設計図を作ります。
そのため、見積はおろか、確定した図面さえない段階、
つまり、何ができるか分からないという状態で契約せざるを得ません。

そのため、設計してみたらコストや工期が
大幅にオーバーするというリスクがないとは言えないのです。


・・・こんなお話しをしていたら、
先日のご相談者は、こんなことを仰っていました。

「建築家の家づくりはランドローバーで、
 ハウスメーカーの家づくりは国産のミニバンですね」


ご自身の好みの遍歴を例に挙げられましたが、まさに言い得て妙! 
思わず草野は素晴らしい例えですね!と唸ってしまいました。

結局、すべてに完璧なものはなく、
何ごともメリットとデメリットがあるということ。

安心・確実さを重視するのか、楽しさ・個性を取るのかは人それぞれ。
何を求めているのかを見極めて、自分に合った選択をしたいものですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決めるということは、希望の家づくりを再確認すること』
『建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?』
『最近のハウスメーカーは、新築とリフォーム、どちらもOK?!』


|  |-建築家 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1977-63dd4963

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT