このところ、たくさんのご相談をいただいています。

先週末もそうでしたが、本日も平日だというのに
午前、午後、夜と3組のご相談があり、
さらにネットを通して3組のご相談が入っています。


というと、きっと消費税増税前の駆け込み契約
(本日が税率5%の経過措置の契約期限)
の相談だと思う方も多いでしょう。

が、意外とそうではなく、契約間際のご相談は少数派。

契約にまつわるご相談も、消費税絡みというよりは、
単に住宅会社の決算時期の関係で
「今月中に契約してほしい」ということのよう。


逆に言うと、いまご相談にお越しになっているのは、
「消費税増税後には、税制優遇があると聞いているので、
 消費税増税は気にせず、じっくり家づくりをしたい」

という方々が中心。

そういう点では、国の積極的なPRもある程度成功し、
消費税増税後の反動による着工数の減少も、
思ったほどではないかもしれません。


敢えて消費税増税後に家づくりをお考えの方は、
それだけ積極的に情報を収集し、冷静に判断をしているようで、
その一環として、住宅相談センターのような第三者に相談をしているよう。

あるご相談者は、
「有料でも良いので、第三者に相談しながら家づくりをしたい」
と仰っていました。

今後は、消費税の10%増税が視野に入ってきますが、
まだ時間には余裕があります。

用意周到に先を見て動いていらっしゃいますので、
きっと素晴らしい家づくりができるでしょう。

住宅相談センターも、夢(暮らし方)と現実(おカネ)を踏まえ、
そのご家族に合った家づくりのお手伝をします!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『消費税増税前・増税後 住宅取得はどちらがトクか?』
『家づくりは夢(暮らし方)と現実(おカネ)を押さえることから』
『家づくりを丸ごとサポート! 住宅相談センターのパックメニュー』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック