昨日は、長男の小学校の運動会でした。


運動会と言えばカメラビデオ撮影

これまで草野は、価格と手軽さからコンパクト・デジカメでしたが、
スナップ写真程度ならまだしも、運動会では距離も遠く動きもあるので、
さすがにコンパクト・デジカメでは思うような撮影もできません。

ということで、デジカメを買うことにしました。


そこで、どのカメラにしようか物色したのですが、
これがまたいろんな種類があるのですね~。

単純に「望遠レンズが使えて画質が良いものだから
一眼レフカメラだろう」
程度に思っていたのですが、
いやはやデジカメのバリエーションの多さにびっくり。

草野の中では、「コンパクト(コンデジ)」「一眼レフ」
あとは「ミラーレス一眼」程度の区分だったのですが、
本を買って調べてみたらそんな単純なものではありませんでした。

それこそ一眼レフ以上のお値段や性能の「長高画質コンパクト」から、
一眼レフ並みの「プレミアムコンパクト」
さらにズーム機能を強化したコンデジもあります、

 ※デジカメは、レンズ交換式の「一眼レフ」(ミラーレス含む)と
  レンズ交換できない(レンズ一体式)の「コンパクト」に、二分されます。


それぞれ機能や性能、価格、大きさなど全くバラバラ、
選び方を間違えると、とっても使いにくいことになっちゃいそう。。。


モノを選ぶ時はなんでもそうですが、まずは目的をハッキリさせること!
ということで、草野の目的を優先順位で並べてみると・・・

 1)なにはともあれ、望遠レンズ
  運動会や発表会といった長距離での撮影になるので、
  できるだけ倍率の高い望遠レンズが欲しい。

 2)ほどほどの画質
  長高画質までは求めませんが、子どもたちの記録を
  残すという点からも、それなりの画質は欲しい。

 3)ほどほどの大きさ
  普段使いする訳ではありませんが、旅行に行ったときにも
  持ち歩く予定ですので、サイズが小さい方が嬉しい。

といったところ。


最初のうちは、ほどほどの性能とお値段、大きさから
ミラーレス一眼にしようかと思っていたのですが・・・

お店に行って話しを聞いてみると、高倍率の望遠なら
一眼レフよりもコンデジの方がよいのだそう。
(技術的なことはよく分かりませんが、「撮像素子」の関係なのだとか)

実際に見てみると、今やコンデジのズームは10倍は当たり前、
20倍なんてのもあり、ボディが大きめな一眼レフチックなタイプだと、
30倍からはては60倍なんてものも!


そこで、冷静になって優先順位を追加してみると、

 4)撮影の手軽さ
  一眼レフはレンズ交換ができる良さがあるものの、
  レンズを持ち歩いたり、普段の保管にも手間がかかる。
  そんな凝った撮影をすることはない。

 5)ファインダー式
  長高倍率のズームでは、ファインダーではなく
  液晶画面では取り扱いが難しい。

 6)価格
  長高倍率のズーム付きでも、コンデジなら2万円台からある。


プレミアム・コンパクトの上質感に、
思わず物欲をそそられてしまった草野でしたが、どうやら、
一眼レフチックな長高倍率のコンパクトデジカメがよさそう。

ということで選んだのがコチラ!

▼▼Canon PowerShot SX50 HS▼▼
カメラ_正面

パッと見ると一眼レフのようですが、
重量595g(レンズ、バッテリー込)と一眼レフより二回りは小ぶり。

なんと言ってもズームは50倍!
デジタル処理をすれば100倍ということで、
運動会で撮影する分には必要十分以上!

▼▼ズーム▼▼
カメラ_ズーム

さらに、1本のレンズでゼロcm(?!)のマクロ撮影も可能。

画素数1210万、撮像素子1/2.3型CMOSとほどほどですが、
レンズ交換なしでこれだけの性能ですので、もう文句なし。

ファインダー付きですが、液晶画面もあり、しかも可動式
撮影時の使い勝手もアップ!

▼▼背面▼▼
カメラ_背面


これだけの性能で、名駅前の某家電量販店にて
お値段ナント33,000円ちょっと。

これまで使っていたコンデジ(4倍ズームで1010万画素)が
30,800円とわずか2000円少々の差ですので、
5年の歳月の技術の進歩はスゴイですね!


ということで、運動会に臨みました!
どんな画像が取れたかは、あらためてご覧いただきます。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『社内移動用のバッグ購入しました!』
『薄型大画面のノートパソコン・Ultrabookがやってきました!』
『建築写真はやっぱり「広角レンズ」』

テーマ:写真
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック