昨日は、住宅会社選びについてのご相談があり、
その中で工務店についてのお話しが出ました。

工務店とひと口に行ってもその中身は千差万別ですが、
大きなくくり方として、設計と施工をどのようにやるか
というものがあります。

実は、ここを見誤ってしまうと、
工務店だから家を建ててくれるだろうと思って門を叩いてみたら
門前払いにあう、何てことも起こり得るのです。


通常、工務店だけでなくハウスメーカーも含めて、
設計と施工を一社で行うのが一般的。

でも、中には自社では設計をせず、
もっぱら外部の建築家が設計した物件を競争見積で受注し、
施工のみを行うという工務店もあります。

そういう工務店は自社で設計を行なわないだけでなく、
一般の消費者向けに営業をする訳でもありません。

ですので、直接家づくりの相談に行っても、
門前払いということはないでしょうが、
知合いの建築家を紹介されたりするかもしれません。


このような施工専門の工務店は、
普段、建築家が設計する難易度の高い住宅に慣れているため、
施工能力も高いのが一般的。

ただ、その分、ローコスト住宅はあまり得意とは言えないので、
「工務店だからハウスメーカーより安く建てられるだろう」
と思って話をしても、ちぐはぐなことになりかねません。


ちなみに、施工専門の工務店という点では、
ハウスメーカーなどの下請け専門という工務店もあります。

こういう工務店は、値段も比較的安いことが多いですが、
顧客対応は元請けがを全てやってくれるため、設計力だけでなく、
資金や土地など、施工以外のフォローも弱い可能性があります。


実際のところは、施工専門の工務店に
一般の人が家づくりを頼むということはほとんどないでしょうが、
そのような工務店が親戚や知人にいるということはあるでしょう。

話の成り行きで、そのような工務店に頼むこともになりそうなときは、
少し冷静に考えた方が良いかもしれませんよ。


(中には、自社での設計施工と、外部の建築家の物件の施工の
 両方を行う工務店もあります)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決めるということは、希望の家づくりを再確認すること』
『社員建築士と外部建築士 どちらに設計して欲しい?』
『建築家住宅の施工会社の選び方』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック