マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

将来、売却しやすい土地や建物

昨日は他県の方からのご相談がありました。

名古屋での不動産投資を考えているとのことで、
名古屋の地域性などをご質問いただきました。


どのような不動産に投資するかによって、
適したエリアは違いますし、同じエリアであっても、
物件ごとによって需要も利回りも変わってきます。

そのため、ざっくりとしたお話ししか出来ませんでしたが、
不動産価格はこのところ下げ止まりの傾向になっているとは言え、
全国的に二極化の傾向にあります。

利便性の高いエリアであれば人気も高く、
賃貸住宅として所有するにしても、いずれ売却するにしても、
人気エリアであればそれなりに収益性は期待しやすくなります。

なので、そういった視点でのお話しが中心になりました。


同じことは、不動産投資ではなくても、
将来売却するつもりで自宅を購入する場合にも言えます。

将来売却しやすい土地やそうでない土地、
もしくはエリアもあります。旗竿地であったり、
駅からの距離が遠い、周辺環境が悪い土地なら売却しにくかったり、
かなり値段を下げて売らざるを得なくなる可能性があります。

ずっと住み続けるのなら、あまり気にすることはありませんが、
将来確実に売却することを考えているのなら、
立地土地形状が良いなど、売りやすい土地を選ぶほうが無難です。


また、将来売却する前提で注文住宅を建てるのなら、
あまり間取やデザインにこだわり過ぎると、
かえって売りにくくなることがあります。

誰にでも住みやすい無難な間取・デザインの方が
需要が多いからです。建売住宅はその典型ですね。


あと、長期優良住宅低炭素住宅の認定を取得したり、
住宅性能評価表示制度の評価書を取得することもお勧めです。

これらは公的な評価機関が図面をチェックして
一定基準を満たした設計であることを認定してくれるため、
売却する時点でも建物の価値を客観的に評価しやすくなります。

さらに、住宅性能評価表示については施工現場の検査も行われるため、
施工時の建物の品質も公的機関が評価してくれます。
これらの資料が売却時に揃っていると、購入希望者も安心するでしょう。


施工中の検査については、公的な検査以外に
ホームインスペクション(住宅診断)を行う方法もあります。

住宅相談センターでも行っていますが、
公的検査よりも時間をかけて詳細に検査をしますので、
将来の売却を検討していなくても、
よりよい品質の建物をつくる点で、お勧めします。

もし将来自宅の売却をお考えなら、
そんなことも配慮して家づくりをしてみて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『平成25年路線価発表 ~宮城県、愛知県で上昇~』
『デフレでも資産価値下落を防ぐ“ホームインスペクション”』
『売却を視野に入れたマンション購入の条件は?』


| ◆土地・不動産探し | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1931-68e59f6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT